ベン・アフレック主演映画『バットマン』にデスストロークが参戦か?謎の動画が公開

様々な憶測が飛び交うベン・アフレック主演のバットマン単独映画。誰がヴィランを務めるかということで多くの説が飛び交いましたがベン・アフレックが衝撃的な動画をしました。初登場は『New Teen Titans』でバットマンや初代ロビンと深い因縁があるデスストローク(本名:スレイド・ウィルソン)の動画です。これによってバットマン単独映画にはデスストロークの出演が有力視されました。

デスストロークってどんなキャラ?

デスストロークは超人的身体能力と回復力を持つ傭兵。金で雇われれば殺人も辞さない達人です。その実力は想像以上のものであり、『IDENTITY CRISIS』にてグリーンアロー、グリーンランタン、フラッシュ、ザターナ、ホークマン、ブラックキャナリー、エロンゲイテッドマン、アトムという8人のヒーローを相手に一人で優勢に立ってます。

デスストローク バットマンとも互角に渡り合える能力を持った敏腕の傭兵

ですが彼はあくまで傭兵。カートゥーンの『ティーンタイタンズ』やドラマ『ARROW』では名黒幕でしたが本来の立ち位置は『バットマン アーカムシリーズ』のような雇われが多いです。つまりデスストローク単独ヴィランというのは考えづらく、雇い主がいる可能性が高いということになります。彼を雇うバットマンのヴィランというとペンギン、トゥーフェイス等が候補ですがゴッサムヴィランは金持ちが多いので絞るのは困難。かねてより囁かれていたバットマン単独映画はアーカム・アサイラムを舞台にした多くのヴィランが入り乱れる映画になるという説が現実味を帯び始めました。

ベン・アフレック主演・監督の新映画『バットマン』は精神病院アーカム・アサイラムが舞台との噂

翻訳コミック『デスストローク』はアメコミ界でも随一の美麗な絵を描くことで知られるトニー・ダニエルがアートと脚本の両方を担当しており、シンプルなエンタメを楽しめます。こちらにはデスストロークの経歴の詳細な解説がありますのであまり馴染みがない方にも知っている方にもおすすめです。

https://www.comixology.com/Nightwing-1996-2009/comics-series/321?ref=Y29taWMvdmlldy9kZXNrdG9wL2JyZWFkY3J1bWJz&Issues_pg=5

https://www.comixology.com/Nightwing-1996-2009/comics-series/321?ref=Y29taWMvdmlldy9kZXNrdG9wL2JyZWFkY3J1bWJz&Issues_pg=5

デスストロークはスマフォゲーム『ティーニータイタンズ』やPS4ゲーム『バットマン アーカムビギンズ』と『バットマン アーカム・ナイト』にも参戦しており、こちらでも予習ができます。2018年にはティーンタイタンズ史に残る名イベント『Judas Contract』のアニメ化も決定しており、本国でも期待大。渋くてカッコいいキャラクターですのでハーレイ・クインとはまた違った方向での高い人気が見込めるキャラクターです。

http://comicvine.gamespot.com/images/1300-4790701

http://comicvine.gamespot.com/images/1300-4790701

 

彼には娘と息子がおり、どちらも人気のキャラクター。特に娘のローズ・ウィルソンは華のある美人ヒーローですので是非とも出演して欲しいところ。息子のジェリコとデスストロークの関係もアメコミ史では重要な位置を持っていますので、見逃せないところです。

余談ですがデスストロークはデッドプールの元ネタ説やデスストロークは卑猥な意味の単語というのは完全な否定はできませんが正しいとも言えないので注意しましょう。

前者は生みの親のロブ・ライフェルが言及していなかったりします。ですがどちらも回復力が異常発達しており、デスストロークはディック・グレイソン、デッドプールはスパイダーマンと二人とも若手ヒーローに異常な執着を示しているので共通点があるのも確か。キャラクターの発展に影響を及ぼしたかもしれませんね。

後者はカートゥーン『ティーンタイタンズ』でデスストロークではなくスレイド名義で参戦した理由とされやすいですが、妥当性は低いです。ですので映画参戦でもきちんとデスストローク名義になる可能性は十分あると思われます。

参考url:http://www.cbr.com/deathstroke-will-be-the-main-antagonist-of-batmans-solo-film/

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。