Menu
(0)

Search

アメリカ版『DEATH NOTE』は超過激!エロ・グロ・スラング山盛りの「大人向け」作品に

Netflixが製作するアメリカ版映画『DEATH NOTE』の続報が到着した。監督を務めるアダム・ウィンガードが、新作『ブレア・ウィッチ』のインタビューで『DEATH NOTE』の近況を語ったのである。

やりたい放題の「大人向け」宣言

『DEATH NOTE』は、ウィンガード監督がコミック・アニメの実写化を初めて手がける作品だ。監督は自身の思い出を振り返りつつ、アニメを「大人向け」だとする考え方を語っている。

「クールなのは、この作品(『DEATH NOTE』)がアニメ(anime)の実写化だってことさ。カートゥーンは人を元気づけるものだけど、僕に言わせればアニメは大人向けだ。昔、“成人指定”の小さなステッカーが貼られた『AKIRA』を観たことを思い出すね。あれは衝撃的だった

この経験から、ウィンガード監督は当時の感覚を『DEATH NOTE』にも活かそうと考えているようだ。

「初めてアニメを実写化することは僕にとってすごく重要なんだ。大人向けのテーマをはらんでいるしね。だから(『DEATH NOTE』には)ヌードもあるし、汚い言葉もあるし、暴力もたくさんあるよ。第二班の監督には『ホーボー・ウィズ・ショットガン』を撮ったジェイソン・アイズナーを呼んだ。僕と彼は友達だけど、アイズナーにはいい短編が3本あって、どれもすごく血みどろなんだ。彼を野放しにしたのさ。ヤバいことになってる

『ホーボー・ウィズ・ショットガン』は「5分に1度以上の残虐描写」を売りとしたバイオレンス映画だ。しかしウィンガード監督自身が、「スプラッター版ホーム・アローン」とも呼ばれる『サプライズ』や、予測不能な恐怖で観客の度肝を抜いた『ザ・ゲスト』を手がけた要注意人物。『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の続編である『ブレア・ウィッチ』で、ついにホラー映画の最前線に飛び出した格好だ。

『サプライズ』(原題"You're Next")より。 http://smashcutreviews.com/2014/10/netflix-flick-week-youre-next/
『サプライズ』(原題”You’re Next”)より。

http://smashcutreviews.com/2014/10/netflix-flick-week-youre-next/

これまで日本でも、『DEATH NOTE』の実写映画には金子修介中田秀夫ら実力派映画監督が挑んできた。新作『デスノート Light up NEW world』は『アイアムアヒーロー』のグロテスク表現が話題を呼んだ佐藤信介が手がけるだけに、表現としても新たな可能性が切り開かれるかもしれない。

それでもアメリカ版『DEATH NOTE』は、良くも悪くも日本では決してできない実写版となるだろう。Netflixにはレーティング(年齢規制)のシステムが存在しないが、同社が製作してきた作品には過激な描写も多く含まれる。『DEATH NOTE』もきっと作り手の意志が色濃く反映された映画になるはずだ。

Netflix製作による映画『DEATH NOTE』は2017年配信予定

source: http://collider.com/death-note-adam-wingard-netflix/
Eyecatch Image:http://deathnote.wikia.com/wiki/Ryuk

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly