ドラマ『ARROW』にデスストロークが再登場!DCドラマの歴史が変わる?

【注意】

この記事には、ドラマ『ARROW』のネタバレが含まれています。

—–

—-

ドラマ『ARROW』オリバー・クイーン役のスティーヴン・アメル「デスストロークはきっと…」

以前、DCドラマ『ARROW』で主人公グリーンアロー役を演じるスティーヴン・アメルが、シーズン1・2で物語を盛り上げた人気ヴィラン・デスストロークがDCユニバース・ドラマに再登場する可能性があることを語りました。ドラマから退場したのは、映画版「DCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)」との兼ね合いであり、再登場の実現は困難と思われていました。

ですが、『ARROW』シーズン5における『フラッシュ』『レジェンド・オブ・トゥモロー』『スーパーガール』との一大クロスオーバーイベント「INVASION」のプロモーション映像で、ついにデスストロークが再登場することが明らかになったのです。

現在デスストロークは、すでにDCEUの映画『バットマン』にヴィランとして参戦するとされており、近年のドラマで最も多く露出したのは、デスストロークことスレイド・ウィルソンの息子、グラント・ウィルソンが『レジェンド・オブ・トゥモロー』に出てきたことくらいでした。

映画とドラマの間で登場キャラクターの制限が撤廃されるとなれば、これまで以上に幅広いヒーロー達の参戦が可能になるはず。そうなれば存在が仄めかされたバットマンや、グリーンランタンのハル・ジョーダンが、本格的にドラマでも活躍する未来がくるかもしれません。

ベン・アフレック版『ザ・バットマン』は驚きの新解釈、かつ「バットマンらしい」映画に!デスストローク役俳優が大興奮

参考url: http://www.cbr.com/deathstroke-returns-to-arrow-in-latest-invasion-promo/
Eyecatch Image: http://comicbook.com/2015/04/04/manu-bennett-thinks-arrow-took-deathstroke-in-the-wrong-directio/

About the author

ライター、翻訳の小村健人です。アメコミは主にスーパーマン、フラッシュ、アクアマン、ブースターゴールド、ジャスティスリーグ、バットマンとそのファミリー誌を主に追っており、原書の知識もあります。カートゥーン、洋ドラも視聴。アメコミ記事を描くことが多いですが、何分まだ若輩者ですので知識に穴があるようでしたらコメント欄でお知らせいただけると幸いです(できればどのアークに収録されているかも教えていただければさらに幸いです)。

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。