マーベル/Netflix『ディフェンダーズ』第1,2話監督&新キャスト発表!『デアデビル』『ルーク・ケイジ』より2名が参戦

マーベル/Netflixは、2017年配信予定のドラマ『ディフェンダーズ』新キャスト監督を発表した。

デアデビル、ジェシカ・ジョーンズ、ルーク・ケイジ、アイアン・フィストという4名のヒーローが集合する『ディフェンダーズ』は、マーベル・シネマティック・ユニバースの“Netflix版『アベンジャーズ』”ともいうべき作品だ。それゆえ同作には、各ヒーローの単独作品に登場したキャラクターも再登場する。

『デアデビル』『ルーク・ケイジ』から2名の女性キャラが参戦!

今回『ディフェンダーズ』への参戦が発表されたのは、『デアデビル』のヒロインであるカレン・ペイジ(デボラ・アン・ウォール)と、『ルーク・ケイジ』に登場した女性刑事ミスティ・ナイト(シモーヌ・ミシック)だ。『ディフェンダーズ』での重要度はまだ不明だが、現段階で参戦が明かされるということは、ストーリーの中心人物になるとみてよいだろう。

ちなみにカレン・ペイジはドラマ『パニッシャー』にも登場することがわかっており、すでに3作品で活躍することが確定した状況だ。一説には、『ディフェンダーズ』でマーベル/Netflixドラマのサブ・キャラクターがひとり死亡するという噂もある。思えば『アベンジャーズ』ではフィル・コールソンが命を落としていたが、噂の真相はいかに……。

Netflixドラマ『パニッシャー』出演者が続々判明!『デアデビル』のヒロイン、カレン・ペイジも登場!

第1、2話には『ジェシカ・ジョーンズ』監督が登板!

またマーベル/Netflixは、『ディフェンダーズ』の第1、2話を『ジェシカ・ジョーンズ』のS.J.クラークソン監督が手がけることを先日発表した。クラークソンは本作でエグゼクティブ・プロデューサーも兼任するという。マーベルTVの代表であるジェフ・ローブ氏は、今回の人選についてこう述べている。

「S.J.が撮るものは本当に素晴らしいんです。私たちは『ジェシカ・ジョーンズ』での彼女の仕事が大好きだし、『ディフェンダーズ』の冒頭2話を手がける監督として、彼女以上に才能があって熟練した人物を知りません

クラークソンは『ジェシカ・ジョーンズ』でも冒頭2話を監督していた人物だ。おそらく、ドラマ・シリーズのオープニングで観客を引き込む技術が高く評価されたものと考えられる。『ディフェンダーズ』は全8話のため、残り6話でもマーベル/Netflixドラマをかつて監督した人物が起用されるのではないだろうか。続報に注目したいところだ。

ドラマ『ディフェンダーズ』は2017年配信予定

マーベル&Netflixの集大成!ドラマ『ディフェンダーズ』悪役はシガニー・ウィーバー!コミコンにヒーロー全員集合

sources: http://www.cbr.com/defenders-officially-adds-misty-knight-and-karen-page-to-cast/
http://marvel.com/news/tv/26929/acclaimed_director_sj_clarkson_set_for_the_netflix_original_series_marvels_the_defenders

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。