『パシフィック・リム:アップライジング』監督が「東京コミコン2017」で初来日決定!

日本はじめ全世界で驚異的なヒットを記録したアクション超大作『パシフィック・リム』待望の続編となる映画『パシフィック・リム:アップライジング』より、監督のスティーヴン・S・デナイトが「東京コミコン2017」で初来日することがわかった。期間中、ゲストとして登壇。日本のファンの前で初めて『パシリム』続編が語られる。

パシフィック・リム:アップライジング

©Legendary Pictures/Universal Pictures.

2017年10月に開催された「ニューヨーク・コミコン」では「小さい頃から日本の巨大恐竜の作品を観ていました。ウルトラマン、マグマ大使、ゴジラとかね」と日本愛を語っていたデナイト監督。『パシリム』に多大な影響を与えたここ日本の地で何を語るのだろうか。

パシフィック・リム:アップライジング

©Legendary Pictures/Universal Pictures.

戦いは終わりではなく、始まりだった-。
前作『パシフィック・リム』で描かれた人類(イェーガ―)とKAIJUの死闘から数年が経過し、 平穏が戻っていた地球に、進化を遂げたKAIJUが再び姿を現し、世界を絶望の淵へと突き落とす。 よりスタイリッシュに洗練されパワーアップを果たした新世代のイェーガーに乗り込む 若きパイロット達は、迫りくるKAIJUを撃ち滅ぼすことが出来るのか。

前作で日本のアニメや特撮への愛情を余すことなく注ぎ、とことんこだわり抜いた世界観で 日本はじめ世界中の映画ファンの心を鷲づかみにしたギレルモ・デル・トロ監督は引き続き製作として参加。 『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)フィン役への大抜擢で一躍スターダムを駆け上った ジョン・ボイエガを主演とし、KAIJUオタクのニュートン博士(チャーリー・デイ)や 森マコ(菊地凛子)ら人気キャストも引き続き活躍。新キャストとして新田真剣佑も名を連ねる。

 

東京コミコンは、スタン・リー氏とApple共同創業者の1人スティーブ・ウォズニアックによって実現した。第二回開催となる今回は、スティーブ・ウォズニアック氏、マッツ・ミケルセン氏カール・アーバン氏ネイサン・フィリオン氏スタン・リー氏マイケル・ルーカー氏の来日が発表されている。

日程:
2017年12月1(金)~2017年12月3(日)

場所:
幕張メッセ(千葉県千葉市美浜区中瀬2-1国際展示場 9・10・11ホール)

東京コミックコンベンション公式サイト:http://tokyocomiccon.jp/

前売入場券はチケットぴあ、ローソンチケット、イープラスにて販売中。

チケットぴあ: http://w.pia.jp/t/tokyocomiccon/
ローソンチケット:http://l-tike.com/
イープラス:http://eplus.jp/sys/main.jsp

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。