Menu
(0)

Search

『第9地区』監督最新作『Demonic』、あらすじ&米公開日決定 ─ 若い女性が恐ろしい悪魔を解き放つ

ニール・ブロムカンプ
Photo by Natasha Baucas https://www.flickr.com/photos/sdnatasha/3767289959/ | Remixed by THE RIVER

『第9地区』(2009)『エリジウム』(2013)などのニール・ブロムカンプ監督・脚本による新作映画『Demonic(原題)』が、2021年8月20日に米国公開されることが決定した。コロナ禍のさなかに撮影された本作は、『チャッピー』(2015)以来の作品となり、長編映画4作目だ。米Colliderなどが報じている。

2020年12月時点での初報では、本作の物語に関する情報は、スーパーナチュラル・ホラーとのみ伝えられていたが、このたび米公開日の発表と共に簡単なあらすじも明かされた。「ニール・ブロムカンプによるホラー・スリラーでは、母と娘の間の数十年前に渡る仲違いが、超常的な力によるものだと明かされた時、若い女性が恐ろしい悪魔を解き放つ姿を描く」という。

既報では、『第9地区』『エリジウム』『チャッピー』のように、SFやVFXの要素が強く反映された作品となるとも伝えられていた。近未来の世界を舞台に革新的な表現で世界中の観客を魅了してきたブロムカンプ。本作でも、深みのある題材と未だかつて見たことのない映像表現に期待したいところだ。

出演者には、『エリジウム』カーリー・ポープ、「スーパーナチュラル」(2005-2020)クリス・ウィリアム・マーティン、「THE BLACKLIST/ブラックリスト」(2013-)マイケル・ロジャーズが名を連ねている。ちなみにブロムカンプは本作のほか、テイラー・キッチュ主演のSF映画『The Inferno(原題)』、『第9地区』の続編映画『第10地区(邦題未定、原題:District 10)』の製作も進めているところだ。

あわせて読みたい

Source: Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly