Menu
(0)

Search

デンゼル・ワシントンが仕事を共にしたい一流の映画監督たちとは? ─ アカデミー賞受賞監督、今後のタッグに期待かかる

デンゼル・ワシントン Denzel Washington
Frederic Kern/Future Image/WENN.com 写真/ゼータイメージ

アカデミー賞をはじめ様々な演技賞にて受賞を果たしてきた名優、デンゼル・ワシントン。世界中の監督たちが彼と仕事を共にすることを望んでいるに違いないが、俳優本人もまた、タッグを組みたいと考える監督たちがいるようだ。

これまでにデンゼル・ワシントンは、スパイク・リーをはじめ、アントワーン・フークア、リドリー・スコット、ロバート・ゼメキス、エドワード・ズウィックなど錚々たる監督たちと仕事を共にしてきた。主演最新作となる『マクベス』では、『ファーゴ』(1996)『ノーカントリー』(2007)などで知られる巨匠監督、ジョエル・コーエンとタッグを組んでいる。

Blacktree TVのインタビューにてデンゼル・ワシントンは、「一緒に仕事をしたいと思う一流の監督たちと話をしました」としながら、自身が認める一流の監督たちの名前を紹介している。「家族と一緒に素晴らしい一日を過ごしました」という監督の名は、ポール・トーマス・アンダーソンだ。『パンチドランク・ラブ』(2002)『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)『ザ・マスター』(2012)などで知られており、世界三大国際映画祭を制した若き巨匠である。そんな監督もまた、今後仕事を共にしたい俳優として、ワシントンの名を挙げていた

そのほかには、スティーヴ・マックイーンアルフォンソ・キュアロン監督の名を挙げている。マックイーンの代表作『それでも夜は明ける』(2013)は、アカデミー賞作品賞に輝いた。キュアロンもまた間違いなく映画界を代表する偉大な監督のひとりであり、『トゥモロー・ワールド』(2006)『ゼロ・グラビティ』(2013)『ROMA/ローマ』(2018)などを手掛けたことで知られている。『ROMA/ローマ』ではヴェネツィア国際映画祭・金獅子賞をはじめ、アカデミー賞・外国語映画賞などその年の映画賞を総なめにした。

デンゼル・ワシントンと上述の監督たちがどのような経緯で話し合うことになったのかは定かでない。もしかしたら次回作で仕事を共にするためのものだったのかも?

ちなみにデンゼル・ワシントンは、『マクベス』での演技が高く評価されており、ゴールデングローブ賞・主演男優賞にて候補入りを果たしている。果たして、受賞なるか。

あわせて読みたい

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly