Menu
(0)

Search

『魔法にかけられて』続編、歌と踊りが前作よりも盛りだくさん ─ エイミー・アダムス「謙虚な気持ちに」

魔法にかけられて
© Walt Disney Pictures Photographer: Barry Wetcher 写真:ゼータイメージ

ディズニー映画『魔法にかけられて』(2007)といえば、ミュージカルシーンが見どころのひとつだった。15年の時を経て蘇る待望の続編映画、『Disenchanted(原題)』では前作以上の歌と踊りが登場するようだ。

15年後を舞台にした続編では、ジゼル姫の現在が描かれる。キャストにはエイミー・アダムスがジゼル姫役を続投するほか、パトリック・デンプシーがロバート役、ジェームズ・マースデンがエドワード王子役、イディナ・メンゼルがナンシー役として揃って復帰。米番組に登場したアダムスは、2021年8月に撮影終了したばかりの本作の撮影時を振り返っている。

歌と踊りが増えていて、これには謙虚な気持ちになりました。これほどの踊りを披露したのは、20代の時が最後。今はもう20代ではありませんから。40代となってやるとまた違った気持ちにさせられました。踊っているときは、20代であるかのように感じられたのですが、実際の映像を観てみると、“これは前とは違う”と思ってしまいましたよ(笑)。」

本作で監督を務めたアダム・シャンクマンは、『ヘアスプレー』(2008)「glee/グリー」(2009-2015)などミュージカル&音楽映画の経験豊富な映像作家で、「ダンスに心を奪われます」と過去に意気込みを語っていた。ミュージカルとしてパワーアップして帰ってくる続編では、「“いつまでも幸せに暮らしましたとさ”って一体どういうこと?」が描かれ、「“中年の危機”映画」のような内容になっているとのことだ

キャストにはほか、悪役を演じるマーヤ・ルドルフや、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)イベット・ニコール・ブラウン、「glee/グリー」ジェイム・メイズ、「サム・アセンブリー ティーンエイジャーCEO」(2014-2016)コルトン・スチュワート、「ジ・オフィス」(2005-2013)オスカー・ヌニェス。ロバートの心優しい一人娘も成長した姿で登場し、レイチェル・コヴィーに代わって、ガブリエラ・バルダッチノが演じる。

映画『Disenchanted(原題)』は、Disney+にて2022年に配信予定。 

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly