Menu
(0)

Search

米ディズニー、批判的メディアを試写から追放 ― 「報道の自由に反する」とボイコットに発展、即座に撤回へ

ディズニー

米ウォルト・ディズニー・カンパニーが、自社に批判的な記事を掲載した米ロサンゼルス・タイムズ紙を自社作品の試写から追放していたことが判明した。この対応に米国のジャーナリストや批評家たちは相次いで反発、ボイコットにまで発展し、同社は追放を撤回する事態になっている。

なぜ発覚したのか

ことの発端は2017年9月、ロサンゼルス・タイムズ紙がウォルト・ディズニーの主力事業であるパークス・アンド・リゾーツに批判的な記事を掲載したことだった。
ディズニーランド・リゾートのあるカリフォルニア州アナハイムに同社が利益を適切に還元していないと主張したその内容には、市から借りているガレージで車1台につき20ドルの利益を得ているはずのディズニーが、ガレージひとつにつき年間1ドルしか市に支払っていない、また政治家との不和が生じている、といった具体的な事例が示されていたのだ。

この記事の影響は、2017年11月3日(現地時間)、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』の批評がロサンゼルス・タイムズ紙に掲載されなかったことで発覚した。ディズニーは前述した記事の内容が不当だったとして、タイムズ紙に試写の機会を提供しなかったというのである。
のちにディズニー側はこれが事実であると認め、「ロサンゼルス・タイムズは基本的な報道倫理を無視している」「明らかな事実を数々提供しているにもかかわらず、政治的な方針によって不正確で偏った方向へ進んでしまった」と声明を発表して、自社の対応は適切だったと主張している。

ボイコットに発展、追放撤回へ

こうした動きに、米国の批評家協会はすぐさま反応した。11月7日(現地時間)にはロサンゼルス、ニューヨーク、ボストンの映画批評家協会と全米批評家協会が共同で声明を発表。ロサンゼルス・タイムズに対する規制を解くまで、ディズニー作品を年末の映画祭の審査対象にしないと宣言したのだ。
この声明の中で、4協会はディズニーの対応について「報道の自由という原則に反しており、ジャーナリストへの敵意が高まった時代に危険な先例となるもの」として厳しく批判している。なお、この動きにはトロント映画批評家協会ものちに加わった。

また米ニューヨーク・タイムズ紙やワシントン・ポスト紙も「ロサンゼルス・タイムズ紙の扱いが回復するまでディズニーの試写には出席しない、作品を批評しない」という意思を発表。さらに複数のメディアやジャーナリストがボイコットに賛同している。

こうした動きはディズニーにとって大きな痛手だっただろう。映画賞の候補から自社作品が漏れてしまうことや、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』という年内最後の花火を前にしてこうした事態が起こることは想定されていなかったに違いない。
ボイコットの動きが高まるなか、7日(現地時間)のうちにディズニーはロサンゼルス・タイムズの追放を撤回すると発表している。

「我々の懸念について、ロサンゼルス・タイムズに新しく就任した指導者との生産的な議論を行いました。その結果として、彼らの抱える映画批評家たちが再び試写に参加することで合意しました。」

今回、米ディズニーが自社に批判的なメディアに対して反論ではなく「試写への出入りを禁じる」という対応を取ったこと、また映画事業とパーク事業の分別をつけなかったことは、全体として「ディズニーへの批判には罰則を課する」というメッセージを生むことになった。
こうした動きに対して批評家やジャーナリストがすぐに厳しい対応を取ったこと、複数のメディアや協会を巻き込んで大きな抵抗が生まれたことには、報道や批評関係者の強いメッセージがうかがえる。今後、よく似た事態が再び発生しないことを心から祈るばかりだ。

なお米ウォルト・ディズニー・カンパニーは、11月7日に米21世紀フォックス社との事業買収交渉が報じられている。

Sources: https://screenrant.com/disney-bans-la-times-movies/
http://www.latimes.com/entertainment/la-et-holiday-movie-preview-2017-times-note-on-disney-1509668978-htmlstory.html
http://www.hollywoodreporter.com/news/la-times-claims-disney-barred-reporters-film-screening-1054818
http://variety.com/2017/film/news/disney-los-angeles-times-ban-backlash-1202609094/
http://collider.com/critics-groups-disqualify-disney-la-times-ban/
http://variety.com/2017/film/news/disney-los-angeles-times-ban-critics-groups-1202608815/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly