Menu
(0)

Search

アジア人女性が主人公? ディズニーの新作アニメ映画に『クレイジー・リッチ!』脚本家と『モアナと伝説の海』プロデューサーが参加

ディズニー

米ウォルト・ディズニーが企画中の新作アニメーション映画(タイトル未定)に、アメリカで大ヒットした映画『クレイジー・リッチ!』(2018)の脚本家アデル・リムと、モアナと伝説の海』(2017)を手がけたプロデューサーのオスナット・シューラーが起用された。米Deadlineが報じている。

リムが脚本を執筆した『クレイジー・リッチ!』は、主要キャラクターを全員アジア系俳優が演じたことで話題を呼び、米国で大ヒットを記録。同作は続編の制作も予定されており、リムが続投する見込みだ。
またプロデューサーのシューラーは、米ピクサー・アニメーション・スタジオの短編映画制作部門を統括していた人物。プロデューサーを務めた『モアナと伝説の海』はポリネシア人の少女を主人公に、いわゆる“王子様の愛”が主人公の危機を救う従来のプリンセス映画とは一線を画する冒険活劇となった。

このたび報じられている新作映画について詳しいあらすじは明らかになっていないものの、Deadlineが入手した情報によると、本作はアジアの要素が全編に含まれる女性主人公のファンタジー・アドベンチャーになるとのこと。『モアナと伝説の海』と共通するテーマが扱われる可能性もあるとのことだが、一方で『モアナ』のようなミュージカル要素は含まれないという。
脚本にリムが起用されていることから、アジア人女性が主人公となる可能性も高そうだ。ちなみにこの予想が的中した場合、ディズニーがアジア人女性を主人公とする映画を制作するのは『ムーラン』(1998)以来となる。

監督を務めるのは、ともにストーリー・アーティストとして『アナと雪の女王』(2013)に参加したポール・ブリッグスと、『ズートピア』(2016)に携わったディーン・ウェリンス。二人は今回が監督デビュー作となる。なお2018年10月10日現在、本作は主人公のキャスティング作業が行われているとのことだ。

ディズニーによる新作ファンタジー・アドベンチャー映画(タイトル未定)の劇場公開時期は未定

Source: Deadline

Writer

Marika Hiraoka
Marika Hiraoka

THE RIVER編集部。アメリカのあちこちに住んでいました。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly