ディズニーの20世紀フォックス買収、2019年夏までに完了へ ― フォックス会長が明かす

米ウォルト・ディズニー・カンパニーによる21世紀フォックス社の事業買収は、2019年夏までに完了することになりそうだ。21世紀フォックス社会長のピーター・ライス氏が、FOXネットワーク・グループの従業員に対して明かした。米Deadline誌が伝えている。

ハリウッドを揺るがす業界再編といっていい、ディズニーによる21世紀フォックス社の事業買収は、2017年12月14日に正式発表されている。買収の対象となったのは、フォックス社の映画事業を担う20世紀フォックス、テレビ事業を担うFOXネットワークス・グループなど。
この買収が実現すれば、ディズニー傘下のマーベル・スタジオが有していなかった「X-MEN」「ファンタスティック・フォー」の映像化権や、20世紀フォックスが保持していた『スター・ウォーズ』オリジナル&プリクエル3部作の諸権利は、すべてディズニーの手中へ収まることになる。詳細はこちらの記事をお確かめいただきたい。

ディズニーによる事業買収の完了までにどれくらいの時間がかかるのか、これまで様々な推測がなされてきた。しかし、このたびライス会長が明かしたところによれば、現実に買収が完了するのは2019年の春・夏ごろ、遅くとも夏の終わりまでとなる可能性が高いという。2017年12月、ディズニーは買収の成立までに12~18ヶ月かかると告知していた。その予測は現在も有効、まさしくその通りのスケジュールで今後も状況は動いていくことになりそうだ。

またディズニーはフォックス社のテレビ事業について、20世紀フォックステレビジョン、FXプロダクション、FOX21テレビジョン・スタジオのほか、FXネットワークス、ナショナル・ジオグラフィック、ローカル向けのFOXスポーツネットを買収する予定。フォックス放送やFOXニュース、フォックス・ビジネスなどは新会社として再出発すると伝えられている。
ライス会長は、これらディズニーに買収されなかったテレビ事業を継続する新会社の名称を「フォックス(Fox)」とする可能性が高いと述べた。正式な告知は今後12ヶ月間のうちに行われるとのことだ。

ちなみに事業買収の成立後、フォックスのオフィスはロサンゼルス西部に残り、その後7年間はディズニーがフォックス社内にオフィスを開く形になるという。大きな地殻変動を控えて、両社は少しずつその準備を進めているわけだ。このことが映画・テレビの各作品や観客・視聴者にどんな影響を与えるのか、今はまだ想像することすら難しい。

Source: Deadline

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。