Menu
(0)

Search

ライオネル・リッチーの名曲で綴るミュージカル映画がディズニーで進行中 ─ リッチー自らプロデュース、『クレイジー・リッチ!』脚本家も参加

Lionel Richie ライオネル・リッチー
A Photo by Matthias Muehlbradt https://www.flickr.com/photos/u2005/16381898820

ポップ・ミュージック界のレジェンドであるライオネル・リッチーの名曲に基づいたミュージカル映画『All Night Long(仮題)』が、米ウォルト・ディズニー・スタジオにて製作されることがわかった。米Varietyが報じている。

ライオネル・リッチーは、1968年にファンク&ソウル・バンド「コモドアーズ」のメンバーとしてデビューを果たし、1982年からはソロ活動を開始。本企画の仮題にもなっている大ヒット曲「All Night Long」を収録した『Can’t Slow Down』で第27回グラミー賞最優秀アルバム賞を獲得し、一躍その名を世界に轟かせた。その後もアカデミー賞歌曲賞受賞曲「Say You, Say Me」やマイケル・ジャクソンと共作のチャリティ・ソング「We Are The World:U.S.A For Africa」などの名曲を生み出している。

本企画は2020年1月にリッチー自身によりディズニー側に持ち込まれたもので、現在は初期段階にあるという。劇中ではリッチーの名曲の数々が使用されることになるといい、劇場での公開が見据えられているとのことだ。

製作はリッチー自らが担当。ほかリッチーのマネージャーであるブルース・エスコヴィッツや『ソーシャル・ネットワーク』(2010)のデイナ・ブルネッティらが就任している。『クレイジー・リッチ!』(2018)などで知られるピーター・キアレリが脚本を務め、現在作業にあたっているという。

アーティストの名曲を扱ったミュージカル映画といえば、全編ABBAの曲で展開される『マンマ・ミーア!』シリーズなど、人気作品も多い。近年では、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)や『ロケットマン』(2019)など、アーティスト自らが製作に参加してヒットを記録している作品もあるため、本企画にも期待が高まるばかりだ。

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly