Menu
(0)

Search

ライオネル・リッチーの名曲で綴るミュージカル映画がディズニーで進行中 ─ リッチー自らプロデュース、『クレイジー・リッチ!』脚本家も参加

Lionel Richie ライオネル・リッチー
A Photo by Matthias Muehlbradt https://www.flickr.com/photos/u2005/16381898820

ポップ・ミュージック界のレジェンドであるライオネル・リッチーの名曲に基づいたミュージカル映画『All Night Long(仮題)』が、米ウォルト・ディズニー・スタジオにて製作されることがわかった。米Varietyが報じている。

ライオネル・リッチーは、1968年にファンク&ソウル・バンド「コモドアーズ」のメンバーとしてデビューを果たし、1982年からはソロ活動を開始。本企画の仮題にもなっている大ヒット曲「All Night Long」を収録した『Can’t Slow Down』で第27回グラミー賞最優秀アルバム賞を獲得し、一躍その名を世界に轟かせた。その後もアカデミー賞歌曲賞受賞曲「Say You, Say Me」やマイケル・ジャクソンと共作のチャリティ・ソング「We Are The World:U.S.A For Africa」などの名曲を生み出している。

本企画は2020年1月にリッチー自身によりディズニー側に持ち込まれたもので、現在は初期段階にあるという。劇中ではリッチーの名曲の数々が使用されることになるといい、劇場での公開が見据えられているとのことだ。

製作はリッチー自らが担当。ほかリッチーのマネージャーであるブルース・エスコヴィッツや『ソーシャル・ネットワーク』(2010)のデイナ・ブルネッティらが就任している。『クレイジー・リッチ!』(2018)などで知られるピーター・キアレリが脚本を務め、現在作業にあたっているという。

アーティストの名曲を扱ったミュージカル映画といえば、全編ABBAの曲で展開される『マンマ・ミーア!』シリーズなど、人気作品も多い。近年では、『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)や『ロケットマン』(2019)など、アーティスト自らが製作に参加してヒットを記録している作品もあるため、本企画にも期待が高まるばかりだ。

Source: Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly