Menu
(0)

Search

思春期暴走コメディ『グッド・ボーイズ』セス・ローゲンvs子役たち、特別予告を独占入手「君たちはこの映画を観られない」 ─ 日本ではPG12指定に

グッド・ボーイズ
©Universal Pictures

本国R指定の思春期暴走コメディグッド・ボーイズより、『ドクター・スリープ』(2019)『ワンダー 君は太陽』(2017)のジェイコブ・トレンブレイら子役たちと、プロデューサーの『ソーセージ・パーティー』(2016)セス・ローゲンが共演した特別予告映像をTHE RIVERが独占入手した。

『グッド・ボーイズ』は、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)を超えて全米初登場No.1、さらには6週連続トップ10入りを果たした大ヒット作。過激すぎる表現ゆえにR指定を受けたばかりに、主演の子役たちが本編を観られなかったという問題作だ。今回の映像は、プロデューサーのセス・ローゲンにR指定を告げられた主役の子役たちが不満をぶちまける特別予告である。

主人公マックス役のジェイコブ・トレンブレイ、ルーカス役のキース・L・ウィリアムズ、ソー役のブレイディ・ヌーンとセス・ローゲンが対面するや、ローゲンの背後には“何か“を吸引するための道具が置かれており、子どもたちはそれが気になってしかたがない。ローゲンは素知らぬ顔で片付けるや、「ただの花瓶だよ」とごまかす。

「君たちはこの映画を見られないんだ」とローゲンが告げると、3人は「は?」「冗談でしょ?」とお怒り。ローゲンが「まだ若すぎるんだよ」と諭すも、子役たちはセスが手がけた『スーパーバッド 童貞ウォーズ』(2007)や『ソーセージ・パーティー』(2016)は観ていると主張する。思わず感想を尋ねるが、キースは『スーパーバッド』を「昔の映画って感じ。アメリカに黒人が来る前に撮ったの?」と酷評し、『ソーセージ・パーティー』にはブレイディが「うーん、まあまあかな」と渋い顔、ジェイコブは「僕は寝ちゃった」と一言。ローゲンはふて腐れ、「どうにか君たちも見られるようにと思ったけど、や~めた!」と大人げなく言い放つ。

ちなみに本作、どういうわけか日本ではPG12指定(小学生以下のお子様が視聴する際、保護者の助言・指導が必要)。“オトナの世界”に好奇心が止まらない少年たちが巻き起こす下ネタギリギリ(ギリギリアウトの意)の大冒険、ぜひ劇場に足を運び、ジェイコブくんたちの無念を晴らしてほしい。もっとも、ただ笑えるだけでなく、子供たちの成長も丁寧に描いて「『スタンド・バイ・ミー』以来の感動!」とも評されている。どういうことなの……。

映画『グッド・ボーイズ』は2020年6月12日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国公開

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly