【尊い…】ディズニー、スタン・リー御大の活動75周年を表彰!ミッキーとスパイダーマンの銅像を贈る

ウォルト・ディズニー・カンパニーが、マーベル・コミックの巨匠スタン・リーの活動75周年を表彰していたことがわかった。同社CEOのロバート・アイガー氏が、リーにミッキーマウス&スパイダーマンの銅像を贈ったようだ。

表彰されたリーは、自身のFacebookにアイガー氏とのツーショット写真を投稿。「#STANniversary(スタンの記念日)」、「#DiamondJubiLEE(60年ないし75周年式典の意味)」というハッシュタグを添えて喜んでいる。

1922年生まれ、のちのスタン・リーとなるスタンリー・マーティン・リーバーは、1939年にタイムリー社(のちのマーベル・コミック)へ入社。2年後の1941年、コミック「キャプテン・アメリカ」で、彼はスタン・リーという筆名を用いてライター・デビューを果たした(のちに本名をスタン・リーに改名)。その後、リーはジャック・カービーやスティーブ・ディッコといったアーティストとともに、X-MENやスパイダーマン、アベンジャーズにドクター・ストレンジなど著名なキャラクターを数多く生み出している。

コミック「アベンジャーズ」#1(1963年)。 http://www.chelmerfineart.com/itemDetail.asp?work=17967

コミック「アベンジャーズ」#1(1963年)。
http://www.chelmerfineart.com/itemDetail.asp?work=17967

しかし後年、リーはマーベルを離れて自らの会社を設立した。訴訟トラブルなどにも発展していたことから、古巣であるマーベルとの関係は想像を絶するほど複雑なものと推察される。もっとも彼は、現在も“マーベルの象徴”のごとく数多くの映画に登場しているし、その評価が下がっていないことは今回の表彰も証明しているだろう。

リーは映画やイベントへの出演を積極的に続けており、映画『ドクター・ストレンジ』(2017年1月27日公開)ではおちゃめな演技を観ることができるほか、来月日本で開催される「東京コミコン」にも登場する予定だ。本職である執筆業も自身の会社で継続しているという。どうかその元気な姿を、これからも長くファンに見せつづけてほしい。

マーベルの重鎮スタン・リー、もっと映画にカメオ出演したい!衝撃の発言「DC作品にも出たいのに」

source: http://comicbook.com/2016/11/17/disney-recognizes-stan-lee-for-his-75-years-at-marvel/
https://en.wikipedia.org/wiki/Stan_Lee
Eyecatch Image: http://masksandcapes.com/lists/20-great-stan-lee-quotes/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。