Menu
(0)

Search

『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』の出来に不満のディズニー、大規模な再撮影を要求

スターウォーズ・シリーズ初のスピンオフ作となる『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』は、今期にかけて大予算をかけた再撮影を行う事になりそうだ。Page Sixが伝えている。

2014年のハリウッド版『ゴジラ』でブロックバスター映画を指揮する実力を証明したギャレス・エドワーズ監督が手掛ける『ローグワン』だが、ディズニーの幹部らは同作の進行に満足しておらず、7月に撮り直しを行うと報じられている。

『フォースの覚醒』の成功でとんでもなく高いハードルが設けられた事になったローグワンだが、ギャレスはJ.J.エイブラムス監督と比較されてしまい、残念ながらその仕事ぶりはディズニー幹部らを満足させるものではなかったようだ。

ローグワン

ギャレス・エドワーズはリスクに挑むタイプの監督として知られているが、同時に外部からの干渉は最小限に留めて進行したいタイプだとも報じられており、ディズニーは後から様々な変更を要求するといった状態に陥っているようだ。

映画制作において再撮影を行うことは特段珍しいことではない。とりわけ、世界中の期待値が以上に高いスターウォーズの作品となれば、極限までベストな状態に仕上げて公開したいため、厳しいチェックが入る事は当然だ。しかし、複数の海外メディアはこの情報を『ディズニー幹部、スターウォーズ映画でパニック状態に』との旨の記事タイトルで公開している事から、ローグワンの制作現場には何やら穏やかじゃない空気が支配しようとし始めているのかもしれない。

『ローグワン / スターウォーズ・ストーリー』は2016年12月16日公開予定。

Source:http://pagesix.com/2016/05/30/disney-execs-in-a-panic-over-upcoming-star-wars-film/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly