Menu
(0)

Search

人気RPG『ディビジョン』実写映画版、主演はジェイク・ギレンホール&ジェシカ・チャステイン ─ Netflix製作、ウイルス蔓延したニューヨーク描く

https://twitter.com/NXOnNetflix/status/1138189740417531904 スクリーンショット

小説家トム・クランシー原案、世界的人気を誇るアクションRPG『ディビジョン』を映画化する『トム・クランシー ザ・ディビジョン(邦題未定、原題:Tom Clancy’s The Division)』がNetflixによって製作されることがわかった。2019年6月10日(米国時間)、原作ゲームの開発元Ubisoftが「E3 2019 Conference」にて発表した。

映画版『ディビジョン』で主演を務めるのは、『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)など数々の映画で多数の賞に輝くジェシカ・チャステインと、『ナイトクローラー』(2014)のジェイク・ギレンホール。ハリウッドで最も注目される、確かな実力と人気を兼ね備えた二人が起用された。

ストーリーは原作ゲームを踏襲したものとなり、ブラック・フライデー[編注:11月第4木曜日の翌日]に新型ウイルスが蔓延した近未来のニューヨークが舞台。街は壊滅状態となり、大勢の人々が命を落としたことで、ついに社会の秩序は崩壊してしまった。しかし、“滅亡後”のために訓練されていた民間人の集団が、残された人々と世界を救うために立ち上がる。

監督を務めるのは、『アトミック・ブロンド』(2017)や『デッドプール2』(2018)を手がけた現代アクション映画の俊英デヴィッド・リーチ。人気シリーズ最新作『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019年8月2日公開)にも抜擢され、その比類なき才能は保証済みだ。脚本は「エージェント・オブ・シールド」「CHUCK/チャック」を執筆してきたレイフ・ジャドキンスが担当する。




ジェシカ・チャステインは『X-MEN: ダーク・フェニックス』(2019年6月21日公開)、ジェイク・ギレンホールは『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019年6月28日公開)と、ともに大作ヒーロー映画の日本公開を控えている。もとよりボーダレスなフィルモグラフィをもつ二人は、自身の製作会社を通じて『ディビジョン』のプロデュースにも参加している模様。映画ファン、ゲームファン注目のプロジェクトがいよいよ動き出した。

映画『トム・クランシー ザ・ディビジョン(邦題未定、原題:Tom Clancy’s The Division)』の製作・配信時期は未定

あわせて読みたい

Sources: Deadline, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly