Menu
(0)

Search

ゲーム版『アベンジャーズ』2020年5月15日に発売決定 ─ コミックや映画思わせる新作ストーリー、無料コンテンツ追加で世界を拡大

ゲーム アベンジャーズ
https://www.youtube.com/watch?v=fgzsAQrLrA4 サムネイル

スクウェア・エニックスとマーベル・エンターテインメントが放つ新作ゲーム『アベンジャーズ(原題:Marvel’s Avengers)』が、PS4/Xbox One/PC、Googleによるクラウドゲームサービス「Stadia」にて2020年5月15日(金)に世界同時リリースされることがわかった。6月11日、「Square Enix Live E3 2019」にて発表された。

物語は、サンフランシスコにアベンジャーズ西海岸支部が設立され、記念イベント「アベンジャーズ・デイ」が開催された日から始まる。新たなテクノロジーを搭載したヘリキャリアが披露されるが、謎の武力を持った集団がその技術を画策し、ヒーローと激突したことから都市に甚大な被害が発生してしまうのだ。被害の責任を問われたアベンジャーズは解散に追い込まれるが、それから5年が経ち、世界には危険があふれた。そして再び、ヒーローチームは再結成される……。

イベントの発表によれば、本作の主要キャラクターはキャプテン・アメリカ、ソー、ハルク、ブラック・ウィドウ、アイアンマンの5名。本作は数年間にわたって展開されるプロジェクトとなっており、新たなヒーローやエリアといった追加コンテンツがすべて無料で配信されるとのこと。推しのキャラクターがまだ登場していないというあなたも、まだ諦めるのは早いだろう。なお本作はシングルプレイとCo-opプレイの両方を搭載しており、世界中のプレイヤーとヒーローチームを結成して戦いに挑むことができるという。

本作でヒーローのボイスキャストを務めるのは、ノーラン・ノース(アイアンマン役)、トロイ・ベイカー(ハルク役)、ローラ・ベイリー(ブラック・ウィドウ役)、ジェフ・シーン(キャプテン・アメリカ役)、トラヴィス・ウィリンガム(ソー役)。海外発ビデオゲームで人気を博する声優陣が集った。なお、2019年6月11日時点で日本語吹替版の有無などは発表されていない。




マーベル・シネマティック・ユニバースの映画作品とは一線を画する本作は、完全オリジナル・ストーリーでありつつ、コミックや映画に親しんできたファンがニヤリとする仕掛けを多数盛り込んでいる。巨大なヘリキャリアをめぐるスペクタクルは『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)、ヒーローの責任が問われる物語の導入は『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)、そして5年間の空白とヒーローの再結成は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)。予告編には“キャプテン・アメリカの死”も描かれているが、ここからコミックの傑作エピソード『デス・オブ・キャプテン・アメリカ』的な内容を期待するファンも少なくはないだろう。

『Marvel’s Avengers』は、『トゥームレイダー』シリーズのクリスタル・ダイナミックス、同じく『トゥームレイダー』シリーズや『デウスエクス』シリーズのアイドス・モントリオールが開発を担当。クリスタル・ノースウェスト、スクウェア・エニックス、そしてもちろんマーベル・エンターテインメントがプロジェクトに共同参加している。

ゲーム『アベンジャーズ(原題:Marvel’s Avengers)』は2020年5月15日(金)発売

ゲーム『アベンジャーズ』公式サイト:https://avengers.square-enix-games.com/ja-jp/

予告編発表から2年以上…!

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条として、海外の映画・ドラマを中心に執筆しています。日本国内の映画やアニメーションも大好きです。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly