Menu
(0)

Search

ドウェイン・ジョンソン、『007』次期ジェームズ・ボンドを狙う ─ きっかけは『007は二度死ぬ』に出演していた祖父の影響

ドウェイン・ジョンソン

ハリウッド最上級の肉体派俳優ドウェイン・ジョンソンが、ダニエル・クレイグが引退したばかりの『007ジェームズ・ボンド役に意欲を示している。どうやらきっかけは、映画『007』に出演していた祖父の影響らしく……。

『007』の主人公ジェームズ・ボンドといえば、これまでイギリス出身、もしくはイギリス連邦(コモンウェルス)に属するオーストラリア出身の俳優たちによって演じられてきた。英出身の俳優がジェームズ・ボンド役を演じるというのは明文化されていないものの、シリーズの伝統として守られている。

それでも、ジェームズ・ボンドを演じたいと思う俳優はごまんといるはず。ドウェイン・ジョンソンもその1人のようだ。ドウェインは英Esquireとの取材で、7代目ジェームズ・ボンドを狙っている旨を明かしている。

ドウェインがボンドを演じたいと強く思うのには、プロレスラーとして活動していた亡き祖父、ピーター・メイビアの影響があるのだとか。ドウェインいわく、なんとピーター・メイビアは、ショーン・コネリー版『007』シリーズ第5作『007は二度死ぬ』(1967)に悪役として登場していたというのだ。役どころは、島田テル演じる大里化学工業社長の大里に仕える屈強な部下(『007 ゴールドフィンガー』のオッドジョブを彷彿とさせる)。劇中では、コネリー演じるボンドと対峙するシーンもあり、見せ場のあるキャラクターである。

「彼と同じ道に進みたいんです」と孫ドウェイン。もっとも、ボンドの敵役だった祖父とは異なり、目指しているのは別の道らしい。ドウェインは真剣な眼差しで「僕はヴィランにはなりません。ボンドにならなきゃいけない」と007の座を狙っていることを明かした。

果たして、ドウェインは本気なのか、それともジョークで言っているのか。何事にも熱心なドウェインだから、その本意は汲み取りかねる。もしもドウェイン・ボンドが誕生したら、シリーズ史上最も屈強なボンドが期待されるが、その一方で複雑な心境を抱くファンも大勢出てくるだろう。

Source: Esquire

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly