Menu
(0)

Search

ドウェイン・ジョンソン、『007』次期ジェームズ・ボンドを狙う ─ きっかけは『007は二度死ぬ』に出演していた祖父の影響

ドウェイン・ジョンソン

ハリウッド最上級の肉体派俳優ドウェイン・ジョンソンが、ダニエル・クレイグが引退したばかりの『007ジェームズ・ボンド役に意欲を示している。どうやらきっかけは、映画『007』に出演していた祖父の影響らしく……。

『007』の主人公ジェームズ・ボンドといえば、これまでイギリス出身、もしくはイギリス連邦(コモンウェルス)に属するオーストラリア出身の俳優たちによって演じられてきた。英出身の俳優がジェームズ・ボンド役を演じるというのは明文化されていないものの、シリーズの伝統として守られている。

それでも、ジェームズ・ボンドを演じたいと思う俳優はごまんといるはず。ドウェイン・ジョンソンもその1人のようだ。ドウェインは英Esquireとの取材で、7代目ジェームズ・ボンドを狙っている旨を明かしている。

ドウェインがボンドを演じたいと強く思うのには、プロレスラーとして活動していた亡き祖父、ピーター・メイビアの影響があるのだとか。ドウェインいわく、なんとピーター・メイビアは、ショーン・コネリー版『007』シリーズ第5作『007は二度死ぬ』(1967)に悪役として登場していたというのだ。役どころは、島田テル演じる大里化学工業社長の大里に仕える屈強な部下(『007 ゴールドフィンガー』のオッドジョブを彷彿とさせる)。劇中では、コネリー演じるボンドと対峙するシーンもあり、見せ場のあるキャラクターである。

「彼と同じ道に進みたいんです」と孫ドウェイン。もっとも、ボンドの敵役だった祖父とは異なり、目指しているのは別の道らしい。ドウェインは真剣な眼差しで「僕はヴィランにはなりません。ボンドにならなきゃいけない」と007の座を狙っていることを明かした。

果たして、ドウェインは本気なのか、それともジョークで言っているのか。何事にも熱心なドウェインだから、その本意は汲み取りかねる。もしもドウェイン・ボンドが誕生したら、シリーズ史上最も屈強なボンドが期待されるが、その一方で複雑な心境を抱くファンも大勢出てくるだろう。

Source: Esquire

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly