Menu
(0)

Search

ティルダ・スウィントン、『ドクター・ストレンジ』配役問題を振り返る ─ マーベル社長の反省に「とても感謝している」

ケヴィン・ファイギ ティルダ・スウィントン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28556369381/ https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28352184350/ Remixed by THE RIVER

2021年5月、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、『ドクター・ストレンジ』(2016)エンシェント・ワンのキャスティングについて反省の意を示していた。それに対して、エージェント・ワンを演じたティルダ・スウィントンが感謝の言葉を送っている。

ドクター・ストレンジのメンターであるエンシェント・ワンは、コミックではチベット人の老齢僧侶という設定。ところが映画化にあたっては、イギリス出身のスウィントンが起用され、“ホワイトウォッシング”だと批判を受けていた。それから時が経ち、ファイギは「スマートかつ最先端の判断だと考えていました」と当時の決断を振り返りながら、“別の方法は見つけられなかったのか?お約束を繰り返すことなく、しかしアジア系の俳優をキャスティングする方法はなかったのか”と。答えはもちろん、イエスです」と批判を通して反省したようだ。

Varietyのインタビューにて、スウィントンは「彼がそう言ってくれたことに、とてもとても感謝しています」としながら、「当時は自分の頭の中にクエスチョンマークがいっぱいになりました」と振り返っている。「スコットランド人の女性がこの役柄を演じるという考えに対して、世間は抵抗を全くもっておらず、広く歓迎もされているという認識でした。ただ、ある時点でそれが変わったわけですが、そこには非常に正当な理由があり、私自身すごく共感を持ちしました」。

そんなスウィントンは、エンシェント・ワンのホワイトウォッシング論争が巻き起こった当時、アジア系の女優、コメディアンのマーガレット・チョーに理解を深めるため連絡を取っていたのだという。チョーは「私たちの物語は白人の俳優によって何度も何度も語られ、これをどう受け止め対処したらいいのか途方に暮れています」と説明した。もっとも、チョーはスウィントンが面識があったわけではなかったため、連絡を受けたときは戸惑いを隠せなかったという。

あわせて読みたい

Source: Variety , Jezebel

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly