Menu
(0)

Search

ティルダ・スウィントン、『ドクター・ストレンジ』配役問題を振り返る ─ マーベル社長の反省に「とても感謝している」

ケヴィン・ファイギ ティルダ・スウィントン
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28556369381/ https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28352184350/ Remixed by THE RIVER

2021年5月、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長が、『ドクター・ストレンジ』(2016)エンシェント・ワンのキャスティングについて反省の意を示していた。それに対して、エージェント・ワンを演じたティルダ・スウィントンが感謝の言葉を送っている。

ドクター・ストレンジのメンターであるエンシェント・ワンは、コミックではチベット人の老齢僧侶という設定。ところが映画化にあたっては、イギリス出身のスウィントンが起用され、“ホワイトウォッシング”だと批判を受けていた。それから時が経ち、ファイギは「スマートかつ最先端の判断だと考えていました」と当時の決断を振り返りながら、“別の方法は見つけられなかったのか?お約束を繰り返すことなく、しかしアジア系の俳優をキャスティングする方法はなかったのか”と。答えはもちろん、イエスです」と批判を通して反省したようだ。

Varietyのインタビューにて、スウィントンは「彼がそう言ってくれたことに、とてもとても感謝しています」としながら、「当時は自分の頭の中にクエスチョンマークがいっぱいになりました」と振り返っている。「スコットランド人の女性がこの役柄を演じるという考えに対して、世間は抵抗を全くもっておらず、広く歓迎もされているという認識でした。ただ、ある時点でそれが変わったわけですが、そこには非常に正当な理由があり、私自身すごく共感を持ちしました」。

そんなスウィントンは、エンシェント・ワンのホワイトウォッシング論争が巻き起こった当時、アジア系の女優、コメディアンのマーガレット・チョーに理解を深めるため連絡を取っていたのだという。チョーは「私たちの物語は白人の俳優によって何度も何度も語られ、これをどう受け止め対処したらいいのか途方に暮れています」と説明した。もっとも、チョーはスウィントンが面識があったわけではなかったため、連絡を受けたときは戸惑いを隠せなかったという。

あわせて読みたい

Source: Variety , Jezebel

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly