Menu
(0)

Search

ロバート・ダウニー・Jr.が『アベンジャーズ』後に『ドクター・ドリトル』を選んだ理由 ─ ワールドプレミアにラミ・マレック&セレーナ・ゴメスらと登場

『アベンジャーズ』『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jr.主演、世界的ベストセラーをアクション・アドベンチャーとして新たに映画化するドクター・ドリトルが2020年3月20日(金・祝)に公開される。

このたび1月17日の全米公開に先がけて、1月11日(土曜日・現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスにてワールドプレミアが開催された。映画の初披露を記念して、主人公ドリトル先生役のロバート・ダウニーJr.、助手のスタビンズ少年役のハリー・コレット、個性豊かな動物たちを演じたラミ・マレック、ジョン・シナ、セレーナ・ゴメスといった豪華ボイスキャスト陣に加え、スティーヴン・ギャガン監督、製作でダウニーJr.の妻スーザン・ダウニー、音楽のダニー・エルフマンが登場してファンサービスを繰り広げた。

ドクター・ドリトル

プレミアの会場となったのは、カリフォルニア州ウェストウッドにある、歴史的なランドマークシアターのリージェンシー・ビレッジシアター。大勢のファンのほか、米国メディアやヨーロッパ各国など世界中から報道陣が集まった。会場は動物たちが暮らす広大な自然をイメージしたグリーンカーペット、動物たちの姿が大きく映し出されたバックパネルの装飾で『ドクター・ドリトル』の世界観を具現化したような設えだ。

ファンたちの歓声を受け、ロバートは持ち前のスマイルとトークスキルで魅了し、セレーナ・ゴメスはサインや記念撮影といったファンサービスにも対応。スマートフォン向けの写真アプリ「Snapchat」とのコラボ企画も配信されており、グリーンカーペット上にキリンやゴリラを呼び出して映画の世界を再現したり、自分にピッタリの動物の仲間がランダムに選ばれるフィルターなどを出演者も楽しんだという。

ドクター・ドリトル

『アベンジャーズ/エンドゲーム』後、はじめての映画主演作となるロバートは、『ドクター・ドリトル』への出演を決意したことについて「ヒュー・ロフティングの原作は昔読んでいたし、レックス・ハリソンやエディ・マーフィの映画も良かった。だから、新たな挑戦に最適だと思ったんです」と語る。「子供とも一緒に観られますしね。今日も一緒に来ましたよ」。妻のスーザンも、「ドリトル先生は優しい心の持ち主だけど、いたずらっ子のようで冒険家なところがピッタリ」と太鼓判を押す。

また、セレーナ・ゴメスはドリトル先生の物語が長く愛され続ける理由について「豊かな想像力と動物への愛情だと思います」と分析。「特に今の世相を見ていると、動物を大切にする風潮がありますよね。動物との絆を大切にする、今の時代にこそ愛される作品。家族向けのすばらしい映画だと思います」と語った。

ドクター・ドリトル

ドクター・ドリトル

なお脚本・監督のスティーヴン・ギャガンは、「脚本を書き始めた時から、頭の中では、ドリトル先生はロバートの声で喋っていました。実際にキャスティングできて夢のよう。今もっともユーモアあふれる演技のできる俳優だから、みんな大好きですよね。早くロバートの演技を楽しんでほしい」と話した。

大人から子供まで、幅広い年齢層のファンで満員御礼となったプレミア上映には、舞台挨拶にスティーヴン・ギャガン監督とロバート・ダウニーJr.が登壇。歓声や笑い声が終始響き渡る大盛況のワールド・プレミアとなった。

ドクター・ドリトル

ギャラリー

『ドクター・ドリトル』

動物と話せるドリトル先生は名医だが変わり者。世間から遠ざかり、様々な動物たちとひっそりと暮らしていた。しかし、若き女王が重い病に倒れたと聞き、ドリトル先生は女王を救える唯一の治療法を求めて、伝説の島へと冒険の旅に出発する。一緒に行く仲間は助手のスタビンズ少年と、先生が最も信頼する親友である頑固なオウム、臆病なゴリラ、とぼけたアヒル、陽気なシロクマ、皮肉屋のダチョウなど個性豊かな動物たち。さらにメガネをかけた忠実な犬、おしゃべりなキリン、賢くて勇敢なキツネ、昆虫など数多くの生き物が登場。旅の中で、ドリトル先生の過去や国を揺るがす陰謀が明らかになっていく。

ドクター・ドリトル
© 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

アカデミー賞®受賞歴を持つスティーヴン・ギャガン監督とロバート・ダウニーJr.主演のタッグで話題の本作には、動物役で超豪華ボイスキャストが集結。ドリトル先生の親友であるオウム:ポリネシア役には、『ハワーズ・エンド』(1992)などの名優エマ・トンプソン。臆病なゴリラ:チーチー役には『ボヘミアン・ラプソディ』(2018)のラミ・マレック。熱血でおとぼけなアヒル:ダブダブ役には『シェイプ・オブ・ウォーター』(2018)などのオクタヴィア・スペンサー。キツネ:チュチュ役を『エディット・ピアフ~愛の讃歌~』(2007)のマリオン・コティヤール、トラ:バリー役を『ハリー・ポッター』ヴォルデモート役のレイフ・ファインズ、キリン:ベッツィ役を世界のティーンから支持される歌手セレーナ・ゴメス。さらにドリトル先生の犬:ジップ役を、ロバート・ダウニーJr.とマーベル映画で師弟を演じたトム・ホランドが演じる。

映画『ドクター・ドリトル』は2020年3月20日(金・祝)全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly