Menu
(0)

Search

『ドント・ブリーズ』続編、いよいよ本格始動 ─ 盲目老人vsティーンの衝撃スリラー再び、新監督決定

スティーヴン・ラング
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/5977208651/

2016年製作、極限のソリッド・シチュエーション・スリラー『ドント・ブリーズ』の続編映画(タイトル未定)がいよいよ本格始動する。米The Hollywood Reporterによれば、監督に前作の脚本を執筆したロド・サヤゲスが決定したという。

『ドント・ブリーズ』は、金銭に困ったティーンエイジャー3人が、大金を隠しているという元盲目の老人宅に忍び込んだことから、その家に暮らす元軍人の異常者に逆に追い込まれていくストーリー。老人=ブラインド・マンは、盲目でこそあったが、どんな音も決して聞き逃さない聴覚の持ち主。どこに逃れようとも、音を立てれば最後、老人は敵を狙って恐るべきスピードで追ってくるのだ……。

前作の脚本・監督を務めたのは、リメイク版『死霊のはらわた』(2013)や『蜘蛛の巣を払う女』(2018)のフェデ・アルバレス。このたび監督に就任したロド・サヤゲスは、『死霊のはらわた』『ドント・ブリーズ』でアルバレスとともに脚本を担当しており、今回が監督デビューとなる。続編の脚本はアルバレス&サヤゲスが共同執筆しており、2018年11月時点で完成済み。なお、アルバレスは本作にプロデューサーとしても参加している。

前作から数年後を舞台とする続編は、静かな生活を送っていた老人のもとに、過去の罪が迫ってくる物語になるとのこと。ストーリーの詳細は不明だが、アルバレスいわく、前作とは大きく異なるアプローチの「まるで違った続編」だという。また、前作に続いてプロデュースを担当する鬼才監督サム・ライミも「最高のアイデア」だと称賛していた。

『ドント・ブリーズ』の顔ともいうべきブラインド・マン役のスティーヴン・ラングは続投する見込みだが、そのほかのキャストは不明。プロデューサーにはアルバレスとライミのほか、両者の作品をプロデュースし、前作も手がけたロバート・タパートが就任している。

映画『ドント・ブリーズ2(仮題)』は2020年4月より撮影予定

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly