DCドラマ「ドゥーム・パトロール」“4代目ジェームズ・ボンド”ティモシー・ダルトンが出演 ― 『ローグ・ワン』アラン・テュディックも

『007』シリーズの“4代目ジェームズ・ボンド”として知られる俳優ティモシー・ダルトン、映画『ローグ・ワンスター・ウォーズ・ストーリー』(2016)などのアラン・テュディックが、DCコミックス原作ドラマ「ドゥーム・パトロール(邦題未定、原題:Doom Patrol)」に出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

ティモシー・ダルトン アラン・テュディック

[左]ティモシー・ダルトン(1987年当時) Photo by Molendijk, Bart / Anefo https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Timothy_Dalton_1987.jpg [右]アラン・テュディック Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28447412842/ Remixed by THE RIVER

「ドゥーム・パトロール」は、ワーナー・ブラザース&DCコミックスの新映像配信サービス「DCユニバース(DC Universe)」で配信される新作ドラマ。現代を舞台に、車椅子の天才科学者Dr.ナイルズ・コールダー/チーフによって結成された、ロボットマン、ネガティヴマン、エラスティ・ガール、クレイジー・ジェーンの活躍を描くストーリーだ。社会に受け入れられないヒーローチームである彼らは、チーフに導かれ、サイボーグから与えられた任務に取り組んでいくうち、奇妙かつ予測不可能な世界に入りこんでいく……。

「ドゥーム・パトロール」狂気を秘めた二人の人物


「ドゥーム・パトロール」でダルトンが演じるのは、チーム「ドゥーム・パトロール」を率いる科学者ナイルズ・コールダー/チーフ役。天才的な頭脳を持ち、死の淵にあって奇跡を求める人々を探している医学の先駆者だが、「助けが必要だ」と判断した人間を救うかわりに、自分の“ヒーロー・コレクション”である「ドゥーム・パトロール」のメンバーに加えていく。ヒーローのメンター的な立ち位置でありながら、確かな狂気を内面に宿したキャラクターといえるだろう。

かたや、テュディックは本作のメイン・ヴィランであるエリック・モーデン/Mr.ノーバディ役を演じる。元ナチスによる謎の実験によって“生きた影”となってしまったエリックは、他者の正気を奪う能力の持ち主だ。正気を奪われてしまうと、人々は狂気を宿したエリック=Mr.ノーバディと同じように変化してしまう……。

『007 リビング・デイライツ』(1987)、『007 消されたライセンス』(1989)でジェームズ・ボンド役を演じたダルトンは、エドガー・ライト監督作品『ホット・ファズ -俺たちスーパーポリスメン!-』(2007)や『ツーリスト』(2010)などに出演。また、『ローグ・ワン』のドロイド・K-2SO役が有名なテュディックは、『3時10分、決断のとき』(2007)や『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』(2011)などに出演するほか、『シュガー・ラッシュ』(2012)や『アナと雪の女王』(2013)、『ベイマックス』(2014)、『ズートピア』(2016)、『モアナと伝説の海』(2016)と、ディズニー/ピクサーのアニメ映画で多数声優を務めている。
元ジェームズ・ボンドの大御所俳優と、卓越したコメディ演技で知られるバイプレーヤーは、どんな狂気をヒーローたちに、そして鑑賞者に見せてくれるのだろうか。

 

ヒーローチーム「ドゥーム・パトロール」のメンバーを演じるのは、ロボットマン役に『ハムナプトラ』シリーズのブレンダン・フレイザー、クレイジー・ジェーン役で「オレンジ・イズ・ニュー・ブラック」(2013-)のダイアン・ゲレロ、エラスティ・ガール役でDCユニバース作品「タイタンズ」(2018)からの続投となるエイプリル・ボールビー。サイボーグ役で『パージ』シリーズ第4作『The First Purge(原題)』(2018)のジョイヴァン・ウェイドが出演する。

製作総指揮を務めるのは、「ARROW/アロー」(2012-)や「THE FLASH/フラッシュ」(2014-)、「レジェンド・オブ・トゥモロー」(2016-)、「ブラックライトニング」(2017-)、「タイタンズ」など数多くのDCドラマに携わっているグレッグ・バーランティ。DCコミックスの重鎮ジェフ・ジョンズも名を連ね、脚本は「スーパーナチュラル」(2005-)のジェレミー・カーバーが執筆する。

ドラマ「ドゥーム・パトロール」(全13話予定)は2018年内に製作が開始され、2019年配信予定。なお「DCユニバース」作品の国内配信についての情報は、2018年9月6日現在明らかになっていない。

Sources: Deadline(1, 2

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。