Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ/MoM』が35mmフィルム上映、タランティーノ所有の映画館で

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』が、2022年5月6日より米国公開となる。この度、クエンティン・タランティーノ監督が所有する米映画館、ニュー・ビバリー・シネマ(New Beverly Cinema)”にて35mmフィルム上映が行われることがわかった。

アメリカ・ロサンゼルスのニュー・ビバリー・シネマは、1929年よりつづく老舗映画館で、ラインナップはリバイバル上映が中心。いわゆる名画座であるニュー・ビバリー・シネマより、『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』の35mm上映が5月5日と6日に行われる。いまではデジタル上映が主流となっているが、フィルム上映では、デジタルでは味わえないような色彩や独特な劇場体験を味わうことが出来る。

5月の同劇場のラインナップは、ハロウィンまで残すところ約半年という中、“恐怖”を一足先に味わおうという企画。『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』のほか、『13日の金曜日・完結編』(1984)や『キャンディマン』(1992)、『悪魔を見た』(2010)などが名を連ねており、ホラーやスリラー作品などが中心となっている。

『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)につづきマルチバースの狂気に迫る物語で、監督を務めるのはホラージャンルのマエストロのサム・ライミ。“ホラーテイストの作品”であると監督本人が宣言していることからもニュー・ビバリー・シネマのラインナップにぴったりな新作となりそうだ。

ちなみにサム・ライミ監督作品としては、『死霊のはらわたII』(1987)、『キャプテン・スーパーマーケット』(1992)の上映も同劇場にて予定されている。

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、2022年5月4日(水・祝日)に日本公開。

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly