『デッドプール2』のケーブルさん、のどに痰が絡んでいたことが発覚 ― ジョシュ・ブローリンが認める

20世紀フォックス製作、映画『デッドプール2』(2018)で華々しい初登場を飾ったケーブルが、実はずっと喉に痰を絡ませていたことがわかった。米Sirius XMにて、ケーブル役の俳優ジョシュ・ブローリンが認めている。


インタビュアーから「ケーブルについて、まだ誰も知らないことはありませんか?」と尋ねられたジョシュは、少しだけ考えてから「どうやら彼はのどに痰が絡んでるみたいで…」と話し始めた。これにはインタビュアーも「えっ?」と困惑気味だ。

「だって彼(ケーブル)の声を聞いてると、◎▲×(ガラガラ声)……。それか、もしかするとニック・ノルティ(俳優)の義兄弟なのかも。最近まで知らされてなかったけど、ずっと行方不明で……。」

映画『48時間』(1982)などで知られるニック・ノルティは、独特のかすれた声質が特徴の俳優。真顔でジョークを繰り出すジョシュだが、この“ケーブルがのどに痰を絡めている”というアイデアは、彼が独自に編み出した役柄へのアプローチである。

 

しかしジョシュ自身、この声を意識的に選んだわけではなかったようだ。「(ケーブルの)声を聞いて、“なんだこれ? いつの間に決めたんだろう?”と思いましたね」と話しているのだ。

「別に痰じゃなくてもいいんですけど、ケーブルは何かがのどに引っかかってるんです。だって、ぜんぜんはっきり喋れないんですから。(撮影では)たくさんうめいて喋りました。」

映画『デッドプール2』は2018年6月1日より全国の映画館にて公開中。強面でマッチョなビジュアルからは想像できないほどチャーミングなジョシュ・ブローリンの魅力は、もちろん本編でも冴え渡っている。

『デッドプール2』公式サイト:http://www.foxmovies-jp.com/deadpool/

Source: Sirius XM
© 2018 Twentieth Century Fox Film Corporation. All rights reserved.

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。