Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』はマーベル流ホラー映画?鑑賞者は「クスリをキメて夢を見ながら万華鏡を覗いてる」と表現

先日アメリカで、映画『ドクター・ストレンジ』のIMAXプレビュー上映が実施された。わずか15分間ながら、いち早く本編の映像を観た人々によると、事前の評判通り度肝を抜かれるような映像が盛りだくさんだったという(ちなみにスタン・リーの出演シーンも含まれていたとか)。詳細は以下にて:

Comicbook.comのルーカス・シーゲル氏は、劇中で繰り広げられる魔法の数々を「幻覚のよう」だと記している。その様子たるや、「クスリをキメて夢を見ながら万華鏡を覗いてる」感じだとか。全然イメージできないがとにかくヤバそうなことはわかる

こうした感想を聞くと、『ドクター・ストレンジ』は高揚感に満ちた映像ドラッグのごときアドベンチャー・ムービーなのかという気もしてくる。予告編を観ても、現実の認識が歪むようなCG表現はすでに十分魅力的だ。

しかし監督を務めるスコット・デリクソンは、『ドクター・ストレンジ』がいつものマーベル映画とは違うことを強調した。掲示板サイトの「スコット・デリクソンだけど何か質問ある?」という企画に登場した監督は、ほぼ完成した映画についての実感を答えている。

「直球のホラーじゃない」でも……

デリクソン監督は、これまで『NY心霊捜査官』や『フッテージ』など、主にホラー・サスペンス映画を手がけてきた人物である。キアヌ・リーブス主演の『地球が静止する日』、実はストイックな裁判劇である『エミリー・ローズ』などはむしろ異色作だ。そして『ドクター・ストレンジ』は、彼のフィルモグラフィーでも一番の“変わり種”となるだろう。

『NY心霊捜査官』 http://www.technologytell.com/entertainment/47005/movie-review-deliver-us-evil/
『NY心霊捜査官』
http://www.technologytell.com/entertainment/47005/movie-review-deliver-us-evil/

そうした事実を踏まえて、ひとりのユーザーはデリクソン監督にこんな質問をぶつけている。

Q: 『ドクター・ストレンジ』にホラーの要素はありますか?これまでに監督した作品と今回の映画を比べてどう感じますか?

A: この映画にストレートなホラー要素はないね。でも他のマーベル映画よりも少しダークでシリアスだ。僕のホラー作品と『ドクター・ストレンジ』の共通点は、超常現象や幻想と、すごく現実的で地に足の着いたキャラクターとのバランスだと思うよ。

元々デリクソン監督はコミック「ドクター・ストレンジ」の大ファンだった。それゆえか、彼は自身の監督作品と「ドクター・ストレンジ」に何かしらの近さを感じていたようだ。以前のインタビューで、監督は「僕が映画を撮れるコミックはこれくらいだと思う」と話している。またドクター・ストレンジというキャラクターの魅力については、「孤独なところだよ。大変なトラウマを経験していて、しかも僕らの世界とは別の世界、別の次元との狭間に置かれているというアイデアが大好きなんだ」と語っていた。

一連の発言から鑑みるに、おそらく『ドクター・ストレンジ』は「高揚感」や「マーベルらしいアドベンチャー」とは異なる、デリクソン監督のキャリアが反映された“マーベル流ホラー映画”になるのだろう。もちろん、それは幽霊が出る、恐怖演出がある、ということではない。現実ならざるものが現れた時、人間はそれにどう対峙するのか、その内面はどう変わるのか、という意味合いだ。

かつてデリクソン監督は、『ドクター・ストレンジ』に近いマーベル映画は『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』だと述べていた。その共通点として、極めてシリアスな展開や抑制されたユーモアが挙げられていたが、同じなのは果たしてそれだけだろうか? 思えば『ウィンター・ソルジャー』も、「知っているはずの世界が揺らぐ不穏さ」が描かれた物語ではなかったか……。

映画『ドクター・ストレンジ』は2017年1月27日公開

sources: http://comicbook.com/2016/10/11/doctor-strange-horror-scary-marvel-movie/
http://comicbook.com/2016/09/27/doctor-strange-why-scott-derrickson-loves-the-character/
https://www.reddit.com/r/marvelstudios/comments/56w0q6/hey_everyone_reading_through_everything_will/

Eyecatch Image:http://www.fanpop.com/

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly