Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』続編、変わらず6月の撮影開始めざす ─ 新型コロナの影響下、リモートワークで準備中

ドクター・ストレンジ』(2016)の続編映画ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』について、マーベル・スタジオが2020年6月の撮影開始を目指していることがわかった。米Varietyが報じている。

2020年3月現在、ハリウッドは新型コロナウイルス(COVID-19)の影響を受け、業界ごと一時停止状態にある。スタジオ各社は映画・ドラマの撮影を見合わせており、マーベル・スタジオも、2021年公開作品『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス(原題)』の撮影を中断しているのだ。そんな中、『ドクター・ストレンジ』続編はプリプロダクション(撮影準備)がリモートワークにて進行中。新型コロナウイルス収束の見通しは立たないが、スタジオとしては6月の撮影開始を目指していくという。

本作については、2020年1月、前作を手がけたスコット・デリクソンが監督を降板し、後任者に『スパイダーマン』3部作のサム・ライミが契約交渉に入ったと報じられた(デリクソンは製作総指揮として企画に残留した)。脚本は新鋭ジェイド・バートレット、MCUのドラマ「ロキ(原題:Loki)」のマイケル・ウォルドロンが執筆。出演者には主演のベネディクト・カンバーバッチをはじめ、ウォン役のベネディクト・ウォン、モルド役のキウェテル・イジョフォーが続投する見込み。前作のヒロイン、クリスティーン・パーマー役のレイチェル・マクアダムスは復帰しないという。

新型コロナウイルスの感染拡大は、すでにMCUの計画に大きなダメージを与えている。『ブラック・ウィドウ』の劇場公開が世界的に延期されたほか、『シャン・チー』のみならず、ドラマ「ファルコン&ウィンター・ソルジャー(原題)」「ロキ」の撮影が中断されているのだ。これに加えて、『ドクター・ストレンジ』続編の撮影までも遅延するとなれば、“すべてが繋がる”という性質ゆえに、いよいよMCU全体の計画を見直す必要さえ出てきかねない。そもそも本作は、ドラマ「ワンダヴィジョン(原題:Wandavision)」「ロキ」と物語が直結するという、ユニバースにおいてもとりわけ重要とみられる一作なのだ。

映画『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題:Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』は2021年5月7日に米国公開予定

『エターナルズ』CG作業もリモートで

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly