Menu
(0)

Search

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ジェームズ・ガン監督、ドラックス主人公のR指定映画に興味あり

デイヴ・バウティスタ Dave Bautista ジェームズ・ガン James Gunn
Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Dave_Bautista_(28662922195).jpg|Photo by Gage Skidmore https://commons.wikimedia.org/wiki/File:James_Gunn_(28557194032)_(cropped).jpg|Remixed by THE RIVER

ジェームズ・ガンがDCコミックスの悪党集団を新たに映画化する、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』は米国ではR指定を受けている作品だ(日本ではR15+)。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のようなファミリームービーとは異なるわけだが、ガンはドラックス(デイヴ・バウティスタ)を主人公としたR指定映画の製作に前向きな姿勢を示している。

IndieWireの取材に登場したガンは、マーベル・スタジオがR指定のMCU作品を今後製作する可能性について問われたところ、「僕は作られると思っています」と返している。現時点では、R指定のMCU作品として『デッドプール』シリーズ第3作が企画されているため、ガンが話すようにこれは実現されそうだ。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのR指定作品化については、「ファミリームービーだからなしでしょう」「寓話なので考えてもいません」と消極的な様子を示した。もっともガンは、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーのひとりであるドラックスの単独作品であれば、「ぜひやりたい」と続けている。「野蛮なドラックスのようなR指定作品を作ってみたいです」。ドラックス・ザ・デストロイヤー映画が仮にも実現したら、ドラックスが容赦なく敵を切り裂き、血しぶきが激しく飛び散るような過激な作品になりそうだ。

ガンはあくまでも意欲を示しているだけであって、企画が始動しているわけではないが、バウティスタは過去に、ディズニーにドラックスの単独映画を提案したことがあったのだという。もっともこちらは却下されてしまったようだが、実現した際には続投してくれるかもしれない。一方でガンとバウティスタは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』をもってシリーズから離れる意向も示しているが、果たして……。

Source: IndieWire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly