Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ/MoM』は『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』級の作品に、ベネディクト・カンバーバッチが予告

ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス
©Marvel Studios 2022

2022年5月4日に日本公開を迎えるマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、“『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)級の作品になり得るという。

Empireにてベネディクト・カンバーバッチは、「大きな、大きな映画です」と本作における規模感を予告している。『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』はそのタイトルが示す通り、マルチバースと呼ばれる謎に満ちた狂気の次元を描く物語。禁断の呪文によって時空を歪ませてしまったストレンジは、世界を元に戻すため、スカーレット・ウィッチにも助けを求めるが、もはや彼らの力だけではどうすることもできない恐るべき脅威が人類、そして全宇宙に迫っていた。“全宇宙”という文言からも、かつてないほどの規模の物語を予感させる。

続けてカンバーバッチは、「絶対に盛り上がるでしょう。この映画に込められた野望が発揮されれば、『スパイディ』レベルの成功を収めることができるはず」と大胆予告。『スパイディ』というのはもちろん、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』のことであり、同作ではドクター・オクトパスをはじめ、グリーンゴブリン、エレクトロ、リザード、サンドマンといったシリーズのヴィランたちが時空を超えて登場したほか、さらなるビッグサプライズまで用意されていた。2021年12月に米国公開された同作は、『アバター』(2009)を抜いて全米累計興行収入歴代3位となるほどの成績を収めている

『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』級の成功が予想されている同作では、『X-MEN』シリーズのプロフェッサーX/チャールズ・エグゼビアや、「ホワット・イフ…?」(2021-)のキャラクターであるキャプテン・カーターの登場がほのめかされており、早くも大きな話題を呼んでいる。もしかしたら、“『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』レベルのサプライズ”が本作にも用意されているのかも……?

映画『ドクター・ストレンジ/マルチバース・オブ・マッドネス』は、2022年5月4日 (祝・水)映画館にて公開。

Source: Empire

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly