Menu
(0)

Search

『DUNE/デューン 砂の惑星』を「ヒーロー映画と呼びたくない」、衣装デザイナーが語る「叙事詩」として生まれたコスチューム【単独インタビュー】

『DUNE/デューン 砂の惑星』
© 2021 Legendary and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.

第94回アカデミー賞授賞式が日本時間2022年3月28日(月)に開催される。コロナ禍では3度目の開催となるが、2021年は『スパイダーマン』や『ワイルド・スピード』『007』『マトリックス』などのビッグバジェット作品が公開され、ハリウッドの大作映画復活を後押しするような年となった。

今回のアカデミー賞と繋がりの深い大作映画として挙げられる作品が、ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督による最新作『DUNE/デューン 砂の惑星』だ。作品賞を含む計10部門で候補入りを果たし、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』に次ぐノミネート数を獲得した。SF古典の金字塔として親しまれてきた『DUNE/デューン 砂の惑星』待望の再映画化とあり、オスカー像の獲得数は気になるところだ。このたびTHE RIVERは、衣装デザイン部門にノミネートされたロバート・モーガン氏にインタビューする機会に恵まれた。

ファッション業界で長年活躍してきたモーガン氏は1990年代に映画・テレビ業界へ参入し、これまで『スピード』(1994)や『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』(2008)『インセプション』(2010)『マレフィセント2』(2019)といった大作に携わってきた。そんなモーガン氏、アカデミー賞ノミネート入りは『DUNE/デューン 砂の惑星』が初。本インタビューでは、モーガン氏に率直な思いを直撃してきた。また、『X-MEN:フューチャー&パスト』(2014)や『マン・オブ・スティール』(2013)『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)といったスーパーヒーロー映画にも携わってきたモーガン氏には、『DUNE/デューン 砂の惑星』の同ジャンル的側面や、製作の舞台裏などもたっぷりと伺ってきた。

『DUNE/デューン 砂の惑星』ロバート・モーガン氏 インタビュー

── ロバートさん、はじめまして。本日は貴重なお時間をありがとうございます。

どうも、はじめまして。

── 最近はいかがお過ごしですか?

元気に過ごしています。今はスペインにいますよ。あなたは東京にいらっしゃるのですか?

── そうなんです。渋谷という場所にいます。

あぁ、素敵ですね。

── ちょうど太陽が上がってきたところで、日の出と共にロバートさんにインタビューが出来るなんて、なんだか気分がとても良いです。

こっちは夜の10時30分です。ちょうど夕食を食べたところで。スペインでは夕食の時間が遅いんですよ(笑)。

── そうなんですね(笑)。さっそくですが、『DUNE/デューン 砂の惑星』がアカデミー賞10部門でノミネートされました。おめでとうございます!ロバートさんが手掛けた衣装デザインも含まれておりますが、まずは率直な感想をお聞かせ下さい。

とんでもなく凄いことだと感じています。(ノミネートされたことを)聞いた時には泣いてしまいました。特に理由があるわけではないけれど、この業界には非常に長くいるので、とても光栄に感じましたし、感謝もしました。他にも素晴らしい作品がたくさんあったのに。私にとっては何だか現実ではないみたいでした。

── (共同で衣装デザインを担当された)ジャクリーン・ウェストや、ドゥニ監督、ティモシー・シャラメらキャストの方々とは、ノミネートされたことについて何かお話をされましたか?

アメリカにいる家族、パートナーとオンラインで連絡を取りました。それからジャクリーンにも連絡を入れました。彼女がいた場所は朝の5時で、私の所が昼の2時だったので、テキストを送りました。「オーマイガー」って(笑)。音響から編集、コスチューム、メイクアップまで、チーム全体が興奮していました。全員が企画を愛していましたから、まるで1つの家族のようでした。喜びを感じる仕事だったからこそ、こうやって認められるなんてもっと特別なものになりました。

DUNE/デューン 砂の惑星
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

製作の舞台裏、本・自然・歴史からの着想

──『DUNE/デューン 砂の惑星』はこれまでデヴィッド・リンチ版の映画やアレック・ニューマン主演のドラマなど、何度か映像化されてきています。衣装デザインを構想する上で、こうした過去作は参考にされましたか?

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly