Menu
(0)

Search

『ダンケルク』や『シン・ゴジラ』は登場人物の内面を描いていない?2作品が象徴する映画の分岐点とは

©2017 Warner Bros. All Rights Reserved.

「主役以外の結論を描かない」既存の戦争映画と『ダンケルク』の違い

クリストファー・ノーラン監督最新作『ダンケルク』(2017)がヒットしている。1940年のダンケルク海岸における連合軍の撤退作戦を描いた本作は、プレスでほとんど絶賛評を集めている。しかし、ノーランの過去作品がそうだったように、根強い批判の声も混ざっている。以下は映画評論家・プロデューサーの江戸木純氏が99日にツイートした内容だ。 

『ダンケルク』といえばベルモンド主演+アンリ・ベルヌイユ監督版に衝撃を受けた世代なので、確かに映像は凄いしスクリーンで観る価値はあるものの、物語がほとんどないノーラン版はいろいろと物足りなかった。ベルヌイユの『ダンケルク』を見直したら、やはりノーランに無いものがいろいろあった。

「物語がほとんどない」という批判には思うところがある観客もいるだろう。しかし、実際に『ダンケルク』の物語を見ていない人に説明するのは難しい。上映時間の大半は戦場の「描写」のみに費やされているからだ。そもそも物語とは何なのかと考えると、人間描写ではないかと思う。『ダンケルク』の戦場描写は徹底しているが、大半の登場人物は人格も生い立ちも描かれないままである。それを「物語がほとんどない」とするのは妥当な意見だろう。

しかし、江戸木氏には欠点と映った部分を美点ととらえる評論もある。The Week誌のLili Loofbourowは『ダンケルク』を既存の戦争映画と比較して「より芸術作品に近い」と述べている。

「観客は(既存の戦争映画において)混沌と絶望を感じるだろうが(それは、主役に感情移入しながら、哀れな若者たちの犠牲が実際にどんな風だったかに驚愕するためだ)、しかし、そこでは主役にとっての結論が用意される傾向がある。(主役がいなくても)世界の物語は続くし、その物語は喪失や崩壊した絆に対してもっと詩的に語るはずなのだ。

『ダンケルク』はこの種の映画の根幹を取り除いたバージョンである。」

『ダンケルク』が登場人物の内面を描かないのは、作り手が至らないからではない。実際の戦争が主観的な結論で片付けられない出来事だからである。唯一のメロドラマ要素を担う、マーク・ライランス演じる小型船の船長だけは詳しい生い立ちや行動原理が描写されていた。しかし、戦場のパートに限定すれば『ダンケルク』を戦争映画にありがちな感傷や興奮から切り離した映画にしようという作り手の意図は明確に読み取れる。

興味深いことに、Loofbourowが「既存の戦争映画が主役以外の結論を描いていない」というのは、多くの観客がまさに既存の戦争映画を愛する理由にあたる。『戦争のはらわた』(1977)にせよ、『最前線物語』(1980)にせよ、強烈な魅力を放つ主人公なくして傑作とは呼ばれなかっただろう。リアルな戦場描写だけがフォーカスされがちな『プライベート・ライアン』(1998)でさえ、小隊の兵士たちの個性は描き分けられていた。江戸木氏とLoofbourowの評論軸は真逆だが、自分は両者とも間違った意見を書いていないように思う。

『シン・ゴジラ』評と『ダンケルク』評の共通点

『ダンケルク』同様、登場人物の描写について賛否両論を巻き起こした近作が『シン・ゴジラ』である。映画秘宝誌の20173月号では、『シン・ゴジラ』が同誌の2016年ベスト映画と、トホホ(ワースト)5位に選ばれている。映画芸術誌では2016年ワーストの3位に選ばれたが、キネマ旬報ではベストテンの2位。極めて評価が混乱している本作の争点になったのは、「登場人物を描けているかどうか」だった。

シナリオスクールに通ったことがある人なら分かるだろう。現在の映画脚本を学ぶ場では第一に「人間を描くこと」を教え込まれる。良い脚本とは人間がリアルに深く描けている脚本を指す。脚本家志望者は作品を書くたび、教育者から何度も登場人物の行動原理について追求される。ところが、『シン・ゴジラ』に登場する山のようなキャラクターたちは、行動原理など掘り下げられない。「日本を守るため」に「ゴジラという脅威に対処する」ことが当たり前の職業意識として描かれるのだ。たとえば、登場人物とゴジラの因縁を深く描写したオリジナル『ゴジラ』(1954)との違いは明らかだろう。ベテラン脚本家の荒井晴彦氏が編集長を務める映画芸術が『シン・ゴジラ』を評価しないのは頷ける。

しかし、『ダンケルク』と同様に、ここでも「人物の内面を描かない脚本」を肯定する人々がいる。『「シン・ゴジラ」をどう観るか』(2016/河出書房新社編集部)から春日太一氏の文章を引用しよう。

Writer

石塚 就一
石塚 就一就一 石塚

京都在住、農業兼映画ライター。他、映画芸術誌、SPOTTED701誌などで執筆経験アリ。京都で映画のイベントに関わりつつ、執筆業と京野菜作りに勤しんでいます。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly