クリストファー・ノーラン新作『ダンケルク』劇中音楽公開!ハンス・ジマー節、今回も炸裂

クリストファー・ノーラン監督による最新作『ダンケルク』より、劇中音楽のひとつ“Supermarine”が米国にて公開された。
本作で音楽を務めるのは、ノーランとは作曲家として6度目のタッグとなるハンス・ジマー。『ダークナイト』3部作の切れ味鋭すぎるサウンド、『インターステラー』(2014)の荘厳なスコアを経て、ノーラン初の“戦争映画”となる今回はどんな音を聴かせてくれるのか……。

ご安心いただきたい。今回もまごうことなき“ハンス・ジマー節”が超炸裂である。

本作『ダンケルク』は、ノーラン作品としては異例の1時間47分という短い上映時間で、セリフを極力排したサスペンスが展開されるという。ジマーによる音楽は雄弁すぎるとして賛否が分かれることもあるが、今回は極限下の戦場へと観客を誘う最高の仕掛けとして作用することだろう。今回公開された“Supermarine”、そして予告編で聴こえる音楽の緊張感たるや、これらを劇場の音響設備で聴けばどうなってしまうことやら……。

なお、『ダンケルク』オリジナル・サウンドトラックは曲目リストがすでに公開されている。

  1. The Mole
  2. We Need Our Army Back
  3. Shivering Soldier
  4. Supermarine
  5. The Tide
  6. Regimental Brothers
  7. Impulse
  8. Home
  9. The Oil
  10. Variation 15 (Dunkirk)
  11. End Titles

映画『ダンケルク』は2017年9月9日より全国ロードショー

 

Source: http://collider.com/hans-zimmer-dunkirk-score-listen/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=n1VJ39nVIBk 動画サムネイル

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。