Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アベンジャーズ/エンドゲーム』ブラック・ウィドウとホークアイ、なぜ◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯◯ならなかったのか ─ ルッソ監督と脚本家が経緯を明かす

アベンジャーズ/エンドゲーム
©Walt Disney Studios / Supplied by LMK 写真:ゼータ イメージ

惑星ヴォーミアの悲劇

『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)での“指パッチン”を生き残ったヒーローたちは量子の世界を通って過去へと旅をする。失われた半分の生命を取り戻すため、インフィニティ・ストーンを求めて、サノスがストーンを手に入れる以前の各地を訪れるのだ。

ナターシャとクリントが向かったのは、2014年のヴォーミア。前作『インフィニティ・ウォー』で、サノスはソウル・ストーンと引き換えに、この場所で娘ガモーラの命を奪っていた。ソウル・ストーンを手に入れるには、自分が愛するものを差し出さねばならないのである。番人レッドスカルは、サノスやガモーラの時と同じように、ナターシャとクリントにもそう語りかけるのだった。

番人の言葉を信じないクリントをよそに、ナターシャはそれが真実であることを悟る。サノスはガモーラとヴォーミアにやってきて、一人で帰っていったのだ。二人はしばらくののち、ひとつの結論に達した。お互いに、自分が命を絶つと決めたのである。相手を死なせないがため、二人はしばし争うが、クリントは矢を放ってナターシャを吹き飛ばすと崖から飛んだ。ところがナターシャは後ろからクリントに飛びついたため、二人は崖からぶら下がる。とっさにクリントは岩場に矢を打ち込むが、それでも二人の体重を支えるにはぎりぎりだった。クリントは懸命に訴えるが、ナターシャはクリントの手を離すと、そのまま真っ逆さまに落ちていく……。

ナターシャとクリント、二人の過去

ここに至るまで、ナターシャとクリントには一筋縄ではいかない、そして決して多くが描かれていない過去がある。ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウは、ロシアにてマインド・コントロールに等しい訓練を受け、冷酷な暗殺者として活動を続けていた。『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)でその詳細は示唆され、また本人の口からわずかに語られたのみだが、壮絶な歴史は想像するに余りあるものだ。




一方のクリントは、そんなナターシャとはS.H.I.E.L.D.において早くからの友人、親しい仲だった。『アベンジャーズ』でクリントが洗脳された際にナターシャは即座に反応しているし、『エンドゲーム』でヴォーミアへと向かう宇宙船の中では、クリントとナターシャは「ブダペストからこんなところまで」と笑い合っている。しかし『インフィニティ・ウォー』の“指パッチン”で家族を失ったクリントは、世にはびこる悪人が今も生きていることを許せず、怒りのままにメキシコや東京で残虐な殺戮行為を続けていたのだ。ナターシャはクリントの行方を追い、彼を再びチームへと呼び戻したのである。それでもクリントの心中には、自分の犯した罪への後悔が残っていた。

そんな二人が、ヴォーミアで自分を犠牲にすると決めたことには理由がある。中国・贵圈のインタビューで、ジョー・ルッソ監督は「二人とも死に急いでいるんです」と語った。「二人にとって、ここで自分が死ぬことは英雄的な行動ですらある。罰を受けることとも、悪いこととも思っていません」

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly