Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『アベンジャーズ/エンドゲーム』◯◯◯のキャプテン・アメリカ、◯◯の存在が判明

アベンジャーズ/エンドゲーム
ⒸMarvel Studios 2019

老いたスティーブ・ロジャース、代役俳優がいた

アベンジャーズ/エンドゲーム』のラスト、サノスとの戦いを終えたスティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカは残された任務に着手する。インフィニティ・ストーンをあるべき場所へ返すため、一人で過去へと旅立つのだ。バッキー・バーンズ/ウィンター・ソルジャーやサム・ウィルソン/ファルコンと言葉を交わし、キャプテン・アメリカは姿を消す。ところがブルース・バナー/ハルクが呼び戻しても、マシンの上に姿は現れなかった。

直後、湖のほとりにあるベンチには、痩せた老人の背中があった。年老いた姿のスティーブ・ロジャースだ。サムが見ると、彼の薬指には指輪が光っていた。「自分の人生を生きるのもいいかなと思ったんだ、トニーが言ってくれていたように」。キャプテン・アメリカは任務を終え、別の時間で年を重ねて戻ってきたのだ。

アベンジャーズ/エンドゲーム
ⒸMarvel Studios 2019 Supplied by LMK 写真:ゼータイメージ

『エンドゲーム』の公開直後、アンソニー&ジョー・ルッソ監督は、このシーンに登場する老けたスティーブの姿は、クリス・エヴァンスの顔に特殊メイクとCG処理を施したものだと明かしていた。しかし、製作チームは単にクリスの顔を老けさせたのではなかったらしい。撮影現場には、老いを的確に表現するため、パフォーマンスキャプチャー用の代役を務めた俳優が存在したのだ。

このたび、米国人俳優パトリック・ゴーマン氏のInstagramから、このような写真が発見されたのである。こ、この顔にこの服装は!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Who am I? Haha! You’ll never guess and I won’t tell! Mysteries are fun!!!#actor #actorslife #followyourheart #hollywoodactor #actors

Patrick Gormanさん(@pogthespian)がシェアした投稿 –

この写真は2019年1月31日(米国時間)に投稿されたもの。『エンドゲーム』の公開まで約3ヶ月あった当時、パトリック氏がどんな役柄を演じたかは超機密事項だった。投稿には「私は誰でしょう? 絶対に予測できないし、私も言いません。謎は楽しいものだから!」とだけコメントされている。それにしても、この投稿を最初に発見した人がすごい…。

現在のマーベル・シネマティック・ユニバースにおいて、もはや俳優の容姿の年齢をCGで調節することは珍しくなくなった。『エンドゲーム』ではマイケル・ダグラスヘイリー・アトウェル、スタン・リーがその対象となっているし、『キャプテン・マーベル』(2019)ではサミュエル・L・ジャクソンが全編にわたって約25年ぶん若返ったのだ。

キャプテン・マーベル
『キャプテン・マーベル』MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータ イメージ

CGで容姿を調整する際、俳優の見た目が調整後のイメージと大きく異なる場合は、ビジュアルを成立させるための代役が用意される。現場では本人と代役の演技を2パターン撮影し、それぞれの容姿をCGチームがブレンドするのだ。『キャプテン・マーベル』のサミュエルは、本人の見た目が年齢に比して若かったこともあり、すべて本人のみで撮影可能だったというが、あくまでこれはイレギュラーなケース。『エンドゲーム』の老いたスティーブも、クリス・エヴァンスと年老いた俳優の顔をブレンドさせることで生まれていたのである。

本作で老人スティーブの代役を務めたパトリック・ゴーマン氏は、これまで脇役俳優として数多くの映画やテレビドラマに出演。ロバート・レッドフォード主演『コンドル』(1975)や『ワイルド・ビル』(1995)などをはじめ、近年は『ゲヘナ』(2016)や「ウエストワールド」シーズン1(2016)などにも登場していた。『エンドゲーム』で自身の顔が登場することはなかったが、投稿された写真を見れば、確かにクリス・エヴァンスとの掛け合わせが行われていたことはわかるはず。一見して分からないところにも、俳優の努力は隠されているのだ。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)より全国公開中

こっちのエピソードも必読

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Source: ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly