Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』トニー・スタークのメッセージ、NASAが受け取る ─ 「上空を全力でスキャンせよ」

https://twitter.com/NASA/status/1071818572056403970

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム(邦題未定、原題:Avengers: Endgame)』の予告編映像は、冒頭でロバート・ダウニー・Jr.演じるトニー・スタークによる宇宙船内の独白によって始まる。このメッセージを、地球上でNASAが傍受した。

NASAがアベンジャーズにアドバイス

『アベンジャーズ/エンドゲーム』予告編冒頭。前作『インフィニティ・ウォー』でサノスに大敗を喫したトニー・スタークは、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーが乗ってきた宇宙船ベネター内で、破壊されたアイアンマンのヘルメットに覚悟のメッセージを収録している。未曾有の危機の度に離れ離れになってしまっていたペッパー・ポッツに向けた最後の言葉だ。食料と水が4日前に底をついたこと、明日の朝には船内の酸素もなくなることを伝えたトニーは、「最期の瞬間は君のことを夢見ていたい」と、これまでにないほどペッパーへの想いを打ち明けている。星雲に照らされたトニーの頬は痩せこけていて、”鋼鉄の男(Iron Man)”は見る影もない──。

宇宙の果てを彷徨うトニーの声は、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の予告編にのって我々の暮らす地球に届いた。この非常事態に、アメリカ航空宇宙局、NASAが反応した。

「ヘイ、マーベル、トニー・スタークのことを聞きましたよ」──『エンドゲーム』予告編映像を受け取ったNASAはTwitterで、管制室内の写真と共にマーベル・エンターテインメントに呼びかけた。「ご存知のように、まず初めに管制本部から”アベンジャーズ、問題発生”の知らせを聞くことです。もしトニーが通信できない場合は、行方不明者を探すためにチーム全力で上空をスキャンしてください。」

アベンジャーズのうちの誰かがこのNASAの投稿を見ることがあれば、今すぐNASAに連絡をしてみてほしい。心強い支援が得られるかもしれないからだ。投稿された管制室内の写真に目を凝らして欲しい。最奥のデスクの「THOR」の文字の隣に、ムジョルニア(ハンマー)を象ったオブジェが飾られているのだ。NASAはアベンジャーズの存在を認知している。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly