『X-MEN』スピンオフ『キティ・プライド』にエレン・ペイジが出演意欲

『デッドプール』(2016)ティム・ミラー監督が新たに手がける『X-MEN』シリーズ新作スピンオフ『キティ・プライド』に、『X-MEN: ファイナル ディシジョン』(2006)と『X-MEN: フューチャー&パスト』(2014)のエレン・ペイジが意欲を見せている。

X-MEN:ファイナル ディシジョン

右から二番目がエレン・ペイジ演じるキティ・プライド。『X-MEN: ファイナル ディシジョン』より。(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

キティ・プライドはコミック「X-MEN」に登場する有名女性キャラクターで、これまで映画『X−MEN』シリーズでは、スメラ・メイ、ケイティ・スチュアート、そしてエレン・ペイジが同役を演じてきた。この度のスピンオフの存在は2018年1月ごろに明らかになり、現地時間2月12日の米報道にて企画進行が確かなものとして知れ渡っている。ただしこの時点でキャスティング情報は明らかでなかった。

『JUNO/ジュノ』(2007)でブレイクを果たしたエレン・ペイジはCinemaBlendの取材に対し、『キティ・プライド』映画企画には現時点で公式に参加したわけではないとの前置きのもと、以下のように意欲を見せている。

「キティ・プライドを演じるのは大好き。もっと演じることができれば、とずっと願っていました。私の出番は必ずしも大役というわけではありませんでしたが、彼女は素晴らしいキャラクター。正直、スピンオフ映画についてはまだ何も知らないのですが、もちろんやってみたいですね。でも、どうなるんでしょう。」

 

キティ・プライドは、同調(Phasing)能力を持っており、身体の分子構造を変化させて透明になったり、物体をすり抜けたり、電磁場に異変を生じたり、さらには空中浮遊することもできるミュータント。この人気女性キャラクターを主役に据えた今作では、コミック界の重鎮ライター、ブライアン・マイケル・ベンディスが起用されている。引き続き動向を見つめたい。

Source:http://comicbook.com/marvel/2018/02/24/kitty-pryde-movie-ellen-page-x-men/

X-MEN:ファイナル ディシジョンX-MEN:ファイナル ディシジョン
ブルーレイ発売中
¥1,905+税
20世紀 フォックス ホーム エンターテイメント
(C)2013 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。