映画『ハン・ソロ』に『ゲーム・オブ・スローンズ』『ターミネーター』のエミリア・クラークが出演決定!

いよいよ目前、2016年12月16日公開の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(Rogue One: A Star Wars Story)、そして2017年12月15日公開を予定している『スター・ウォーズ/エピソード8』(Star Wars: Episode VIII)と、配給会社が20世紀FOXからディズニーへとかわってから、『スター・ウォーズ』の驀進が続いている今日この頃、いかがお過ごしだろうか。

Star Wars

Photo by Jesse Grant – © 2015 Getty Images

年間に1本2本のペースで『スター・ウォーズ』作品が製作されることは誠に素晴らしいが、古くからの『スター・ウォーズ』愛好家であるぼく個人としては、オープニングで20世紀FOXのファンファーレが鳴り響かないという現実が、なかなか受け入れられないでいる。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(Star Wars: The Force Awakens)を劇場で鑑賞した際、やはりそこで心が躓きかけたことは否めない・・・。多くの人々の中で、あのファンファーレはもはや『スター・ウォーズ』の一部と化していたのであるから。

さて、話を戻して、2本の新作『スター・ウォーズ』作品に続くように待ち構えているのが、2018年5月25日に公開予定だとされる、まだタイトルの明らかになっていない『スター・ウォーズ/ハン・ソロ物語』である。

現在の情報では、「ハン・ソロ」、そして「ランド・カルリジアン」役として、アルデン・ケイレブ・エーレンライク(Alden Caleb Ehrenreich)とドナルド・グローヴァー(Donald Glover)の出演が決定しているが、新たな出演者として、エミリア・クラーク(Emilia Clarke)の名前が発表された

emilia

彼女の役柄はまだ定かではないのだが、彼女の最近の活躍ぶりから予想すると、おそらくはハン・ソロに絡んでくる重要な役柄になるのではないのかと思われる。

エミリア・クラークはご存知のように、現在HBOで放送中の大人気ドラマシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』で、ドラゴンの女王デナーリス・ターガリエン役を演じているイギリスの女優であり、2013年、アメリカの映画サイトで発表される「世界で最も美しい顔100人」で堂々の1位に輝いたほか、2014年には男性向けオンライン雑誌「AskMen.com」において、「世界で最も理想的な女性」の第1位にも選ばれている。

Emilia Clarke

© 2015 HBO

また『ターミネーター』(The Terminator)シリーズの最新作、『ターミネーター:新起動/ジェニシス』(Terminator Genisys)のサラ・コナー役も記憶に新しい。

Emilia Clarke

Photo by Melissa Sue Gordon – © 2015 – Paramount Pictures

ちなみに彼女は、活動状況からして当然アメリカに在住しているというイメージが強いかもしれないのだが、現在でもイギリスに在住しているらしいとのことである。故郷で暮らす家族と共に過ごす時間というものが、女優としての彼女を大きく支えているのかもしれない。

というわけで、彼女の役柄も含め、今後のハン・ソロ物語の動向を期待したい。

【公式】『ハン・ソロ』若きランド・カルリジアン役俳優が決定

About the author

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。