Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』クリス・プラットの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』OPダンス、新規映像だった

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
Supplied by LMK 写真:ゼータイメージ

この記事には、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のネタバレが含まれています。

アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)では、サノスに奪われたインフィニティ・ストーンを取り戻すため、アベンジャーズたちが過去へタイムトラベルをする。クリス・プラット演じるスター・ロード/クイルが惑星モラグで1人踊る映像は、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)オープニング映像からの再利用ではなく、改めて撮影が行われていたものだったという。『エンドゲーム』で共同脚本を務めたスティーヴン・マクフィーリーが明かしている。

アンソニー&ジョー・ルッソ兄弟が主催した『エンドゲーム』の同時視聴イベント中、スティーヴンは米Comicbookの公式Twitterアカウントを通じて、さまざまな未公開エピソードをリアルタイムで投稿。その中の1つが今回の新事実というわけだ。スティーヴンは、「全て新規(All new)」と紹介している。

カレン・ギラン演じるネビュラとドン・チードル演じるウォーマシン/ローディは、パワーストーンを入手するため、2014年の惑星モラグを訪れ、クイルを見つけにいく。さっそく発見した2人が、「Come and Get Your Love」に合わせて気持ちよく踊るクイルを冷ややかに傍観するという、シュールな場面だ。

2012年のニューヨーク決戦は『アベンジャーズ』から、2013年のアスガルドでは『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』からのシーンが再び使用されたが、「Come and Get Your Love」のダンスは『エンドゲーム』のために再撮影されたものということだ。つまり、クリスは5年前のダンスを完璧に再現したということになる。とはいえ、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』と『エンドゲーム』の同シーンを見比べてみると、ピーターが蹴り上げた水しぶきがピタリと一致するようにも見えるカットもある。本当に“全て”が撮り下ろしかどうかは不明だ。

クイルはこれまでにもダンスムーブを披露している。第1作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で、宿敵ロナンに仕掛けたダンスバトルが印象に残っている方も多いのでは。次回作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題:Guardians of the Galaxy Vol.3)』でも、クイルの熱いステップが見られるだろうか。

 

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly