Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』物語の焦点は「オリジナルの6人」 ─ 製作チーム、史上もっとも壮大な物語に自信

アベンジャーズ/エンドゲーム
MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の計22作品を締めくくる映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、やはりMCUを黎明期から支えてきたヒーローたちが物語の大きな焦点となるようだ。英Empireの取材にて、製作チームの重要人物が相次いでコメントしている。

『エンドゲーム』焦点は6人のヒーロー

秘密主義を貫くマーベル・スタジオ作品においては珍しくもないが、『アベンジャーズ/エンドゲーム』のストーリーは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)以後を描くものであるということ以外、現在明らかになっていない。

しかしアンソニー・ルッソ監督(ジョー・ルッソ監督と共同)は本作を「壮大な物語」と形容し、脚本家のひとりであるスティーブン・マクフィーリーは、それも「今までで一番、史上最大」だと強調した。『インフィニティ・ウォー』でサノスによって全宇宙の生命が半分に減らされてしまったのち、残されたヒーローはどんな戦いに挑むことになるのか。二人はそれぞれ、このようにコメントしている。

アンソニー:(『エンドゲーム』の)出発点は、“これほどの喪失を味わった時、どうやって前へ進むのか?”ということでした。あのような経験から先へ進む方法とは何か、と。

マクフィーリー:(第一幕は)大笑いできるとは言いたくないですね。よりダークなところから始まります。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノス
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、『エンドゲーム』について「オリジナルの(アベンジャーズ)6人全員の存在が非常に大きな焦点となる」ことを明かした。アイアンマン、キャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ハルク、ホークアイが「(キャラクター)個人についても、エモーショナルな面でも」物語の中心になるという。そう、『エンドゲーム』はMCUのクライマックスであり、同時にまごうかたなき『アベンジャーズ』シリーズの最新作なのだ。

なおマクフィーリーは、映画のポスターが作品内容を示唆していることにも言及している。大勢のキャラクターが登場する一大群像劇だった『インフィニティ・ウォー』では、ポスターにMCUのヒーローが所狭しと描き込まれていたが、『エンドゲーム』は必然的に描かれている人数も大幅に減り、すでにフォーカスが絞られているのだ。マクフィーリーは「(前作とは)違うタイプのストーリーテリングを見られるかもしれません」と述べている。

ところでファイギ社長は、『アイアンマン』(2008)から『エンドゲーム』までのMCU22作品を「インフィニティ・サーガ」と呼ぶことを同じくEmpireにて明らかにした。そのうえで『エンドゲーム』の後も「MCUは存在しつづけます」と断言した社長は、“その後”の可能性についてこのようにも述べている。今後を占ううえでも、『エンドゲーム』は絶対に見逃せない一本となりそうだ。

「(『エンドゲーム』後のMCUに)誰が出てくるかは流動的ですし、物事は発展していきます。すべては繋がっている(it’s all connected)ので、リブートすることはできません。すべてのパーツがひとつにならなければいけないんです。あらゆる物事は続いていきます。しかし人生のように、そこでは何かを失うことも、また変化することも現実なんです。」

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

あわせて読みたい

Sources: Empire, CBM

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly