Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』米国公開後3日間で3億ドル超えの可能性 ─ 歴史的大ヒットに期待高まる

アベンジャーズ/エンドゲーム
©Walt Disney Studios / Supplied by LMK / 写真:ゼータ イメージ

2019年上半期最大の話題作、映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の劇場公開が3週間後に迫るなか、米国では本作の“歴史的ロケットスタート”に対する期待が高まっている。

Varietyをはじめとする大手メディアは、『アベンジャーズ/エンドゲーム』が2019年4月26~29日の3日間で米国興行収入2億~2億6,000万ドルを稼ぎ出すと予想。Deadlineによれば、専門家の中には2億6,000万ドル超えを予想する者もいるほか、ことによっては3億ドルを突破する可能性もあるという。

2019年4月5日時点で、米国におけるオープニング興行収入の歴代記録を保持するのは、前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)。同作は公開以前、3日間で1億8,000万~2億2,500万ドルとの予測がなされていたが、ふたを開ければ2億5,700万ドルの大ヒット。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)を抜いて歴代記録を更新するに至っていた。『エンドゲーム』が前作を上回る予測となったことは、専門家のあいだで、早くも本作の『インフィニティ・ウォー』超えが確実視されていることを示している。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノス
『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

むろん今回発表された数字は「早期予測値」であり、実際に『アベンジャーズ/エンドゲーム』がどのような成果を示すかはわからない。本作は3時間0分58秒という長尺のため、1日の上映回数が少なくなってしまうこともやむを得ないだろう。入れ替えや清掃の時間を含めると、4回上映すれば映画館の1日の営業が終わってしまうことになる。

一方でDeadlineは、すでに本作に対する期待が高まりすぎていることも指摘。ある専門家は「2億5,000万ドルを超えるのは素晴らしい成績なのですが、それでもガッカリされてしまうでしょう。2億6,500万ドルを超えれば“すごい”と認められると思います」と述べたという。

ちなみに既報によれば、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の全世界オープニング興行収入は8億4,000万ドルを突破するとの予想。巨大市場である中国での先行公開によって、前作を約2億ドル上回る記録更新が見込まれている。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

あわせて読みたい

Sources: Variety, Deadline, THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly