Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ/エンドゲーム』オープニング世界興収、再び歴代記録更新へ ─ 8億4,000万ドル超え、前作を2億ドル上回る予想

アベンジャーズ/エンドゲーム
MARVEL/PLANET PHOTOS 写真:ゼータイメージ

桁が違いすぎる…!

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の2019年4月26日(金)の日米同時公開を控えて、本作のオープニング興行収入に関する予測データが発表された。米Deadlineが報じている。

『インフィニティ・ウォー』2億ドル上回る

今回の報道によれば、『アベンジャーズ/エンドゲーム』は公開後はじめての週末で世界興収8億4,000万ドルを突破する見込み。前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)のオープニング世界興収が6億4,050万ドルで、これは歴代第1位の記録となっている。その数字を2億ドル上回り、いよいよ他の追随を許さない高みに上ろうというわけだ。

『エンドゲーム』のとんでもないロケットスタートを支えるのは、ハリウッドに次ぐ巨大映画市場となった中国での先行公開だ。4月26日の日米公開に先がけて、中国では4月24日に封切りを迎える。すなわちオープニング興収成績の対象となる4月28日までに、中国では5日間の上映がなされるというわけだ。

中国において、前作『インフィニティ・ウォー』は2018年5月11日に劇場公開となった。世界各国から約2週間遅れての登場となったが、国内オープニング興収は1億9,930万ドルを記録。公開初夜の時点で、中国全土の映画興収シェア96%という脅威的な数字を叩き出している。ディズニー/マーベルは『エンドゲーム』の中国人気を見越して、先行公開で記録の大幅更新に打って出たのだ。

なお『インフィニティ・ウォー』のオープニング成績は、米国にて2億5,770万ドル(歴代第1位)、そのほか海外各国にて3億8,270万ドル、先述の通り中国にて1億9,930万ドル(海外各国成績には含まれない)。これらの累計額は8億3,970万ドルであり、『エンドゲーム』のオープニング興収予想値である8億4,000万ドルにほぼ等しくなる。

ひとつだけ読めないのは、『エンドゲーム』の上映時間が3時間を超える可能性が非常に高いことだ。一日の上映回数に影響が出ることは避けられないほか、観客の心理的ハードルもやや高まる。世界興収の歴代記録更新はほぼ間違いなさそうだが、米国興収の記録更新がなされるかどうかはまだわからない。また、中国では5月1~4日が休日になるかわり、4月28日(日曜日)が平日扱いとなっている。これも興収面には影響を与えるだろう。

中国と同じく4月24日に『エンドゲーム』が劇場公開されるのは、オーストラリア、フランス、ドイツ、イタリア、台湾、香港。25日にはイギリス、ブラジルなどでも公開される。ちなみに、中国と並んでヒーロー映画が盛んな韓国での公開日は未発表。各作品が好調な成績を示しているがゆえだろう、ロバート・ダウニー・Jr.やジェレミー・レナー、ブリー・ラーソンがプロモーションで韓国を訪れることも決定している。

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly