Menu
(0)

Search

『エンド・オブ・ステイツ』劇中カットが一挙公開、爆弾じじいの姿も ─ ジェラルド・バトラー「正気とは思えない激しい戦闘シーン」あり

エンド・オブ・ステイツ
(C)2019 Fallen Productions, Inc.

ジェラルド・バトラー主演の人気アクション・大統領絶対守るシリーズ最新作『エンド・オブ・ステイツ』より、劇中カットが一挙公開となった。

『エンド・オブ・ステイツ』劇中カット ギャラリー

過去、『エンド・オブ・ホワイトハウス』(2013)、『エンド・オブ・キングダム』(2016)で、大統領の命を狙うテロリストをコテンパンに返り討ちにしてきた史上最強のシークレット・サービスのマイク・バニング。今作では、なんと大統領暗殺の容疑をかけられ、FBIに追われる身に堕ちるという。


公開された劇中カットでは、かつてたった一人で世界を未曾有のテロ事件から救ったシークレット・サービス最強のエージェント/マイク・バニングが、容疑者として囚人服に身を包んでいる衝撃の展開や、醍醐味であるアクションシーン満載な場面が切り取られており、ファンの心をワクワクさせるはず。

また、副大統領から合衆国大統領に躍進したトランブル(モーガン・フリーマン)の姿もあり、シリーズお馴染みの顔も登場。さらにマイクから「爆弾じじい」「俺まで殺す気か」と呼ばれる爆弾使いの父親/クレイ・バニング(ニック・ノルティ)、容疑者マイク・バニングを問い詰めるトンプソン捜査官(ジェイダ・ピンケット=スミス)などが映し出されている。ちなみにトンプソン捜査官を演じるジェイダは、大スター、ウィル・スミスの嫁である。

ジェラルド・バトラーは本作の見どころについて「とても正気とは思えない激しい戦闘シーンがあって、そのすぐ後には現実的なドラマがある。しかもシリーズで最もユーモアに溢れた映画」と紹介。シリーズ最高傑作と評される本作の公開が待ちきれない。

『エンド・オブ・ステイツ』は、2019年11月15日(金)新宿バルト9他全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly