『スター・ウォーズ エピソード9』ランド・カルリジアン登場説に新情報 ― ビリー・ディー・ウィリアムズが「映画の都合で」イベントを欠席

映画『スター・ウォーズフォースの覚醒』(2015)に始まった現行3部作の完結編『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』に、ビリー・ディー・ウィリアムズ演じるランド・カルリジアンが登場するとの説が存在する。もちろん真相は不明だが、このたび、ビリーの動向に関する新たな情報が飛び込んできた。

2018年5月末、ビリーはイベントにて「週に3回トレーニングしている」と発言。その後、ファンサイトでも『エピソード9』に登場するとの噂がささやかれていた。がぜん盛り上がる“ランド登場説”だが、今回の情報は、この説をさらに裏付けるかのようだ。2018年9月にカナダ・サスカチュワン州にて開催される「Saskatchewan Entertainment Expo」にビリーは登場する予定だったのだが、先日、その出演がキャンセルとなったのである。同イベントの公式Facebookにて告知されている。

「みなさんに残念なお知らせがあります。映画のスケジュールの都合により、ビリー・ディー・ウィリアムズが今年のSask Expoに登場することが叶わなくなりました。彼からは残念な思いとともに、2019年にはサスカチュワンのファンへの埋め合わせをしたいとの希望が届いています。」

 

脚本・監督を務めるJ・J・エイブラムスによれば、『エピソード9』の撮影は2018年7月末より始まるという。大作映画である「スター・ウォーズ」シリーズの場合、撮影は長期間に及ぶのが通例だ(『フォースの覚醒』の撮影は2014年5月から11月にかけて行われた)。もしもビリーが『エピソード9』に登場する場合、ルーカスフィルムがビリーのスケジュールを秋にかけて押さえていてもなんら不思議ではないだろう。
ちなみに米ScreenRantによれば、現在ビリーに他の長編映画の予定はないという。さて、ビリーがイベントの欠席に至ったのは『エピソード9』なのか、それとも?

映画『スター・ウォーズ/エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米国公開予定
ちなみにルーク役のマーク・ハミルは、『エピソード9』への再登場について「わかりません。僕が知るのは一番最後なんです」と話している……。

Sources: ScreenRant, Sask Expo
Eyecatch Image: Photo by Gage Skidmore

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。