Menu
(0)

Search

マーク・ハミル、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『スター・ウォーズ』新作に出る?出ない?本人が現状を報告

スター・ウォーズ/フォースの覚醒
写真:ゼータ イメージ

スター・ウォーズ」シリーズでルーク・スカイウォーカー役を演じてきたマーク・ハミルは、ポップカルチャーを愛するファンから、再び大きな注目が集まっている俳優の一人だろう。『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)を経て、次回作スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けには登場するのか。Twitterを通じてジェームズ・ガン監督との面会が実現したガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』への出演は叶うのか。どちらの作品も、マークが出演するとなれば注目度は跳ね上がる。

米Collider誌は、この気になる2作品の現状についてマーク本人に直撃。するとマークは、いつもの小気味よい口調とユーモアで現状を報告してくれた。

まずインタビュアーが最新情報を聞きたがったのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』だ。2018年5月下旬、同シリーズの脚本・監督を務めるジェームズ・ガンがマークの自宅を訪問。ホームパーティーで二人は語らったようなのだが、『Vol.3』出演の話が上がったかどうかはわからなかった。しかし、どうやら二人は『Vol.3』の話を一切しなかったそうである。

「マリールゥ(編注:マークの奥さん)と二人で、彼(ジェームズ)をバーベキューにお招きしたんですよ。映画(『Vol.3』)の話はしませんでした。マリブでの暮らしのことやお互いの家族やペットのことについて話しました。その話は一度も出なかったですね。でも、そうあるべきなんですよ。形はどうあれ、無理やりになるようなことはしたくなかったですから
僕はあの映画(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』)が大好きですよ。2本とも楽しいし。だけど観客でいるのが幸せですよ、プレッシャーが少なくて。だから『ハン・ソロ』も『ローグ・ワン』も好きなんです。“100%ハミル抜き”でしょう。だから不安がなかった。観客の一人でいられるのって最高ですよ。」

さすがは「スター・ウォーズ」という大看板を背負った男のコメントというべきだろう、コメントの説得力が違う。となれば、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』への出演はどうなるのだろう。脚本・監督を務めるJ・J・エイブラムスからは何か聞いているのだろうか…?

「わかりません。僕が知るのは一番最後なんです。そういうのが好きなんですよ、サプライズが好きで。でも、なにか聞いたらお知らせしますね。」

以前、マークは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』について「一切考えていない」と話し、シリーズについても「これ以上、僕に何ができるんでしょうか? 気持ちを切り離していかないとな、と思ってますよ」として卒業の意向を明らかにしていた。しかしルーカスフィルムの働きかけ次第によっては、まだ可能性はある?

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日に米国公開予定。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3(原題)』は2020年公開予定だ。

Source: Collider
写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly