Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』新監督にJ.J.エイブラムスが就任!シリーズ初『フォースの覚醒』以来2度目の登板者に

スター・ウォーズ/エピソード9

2019年公開スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けの新監督として、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)を手がけたJ.J.エイブラムスが就任することがわかった。米Deadlineバラエティ誌の速報につづき、ルーカスフィルムが『スター・ウォーズ』公式ウェブサイトにて発表している。

2017年9月5日(現地時間)、ルーカスフィルムは『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で脚本・監督を務める予定だったコリン・トレボロウがプロジェクトを離脱したことを伝えていた。後任者には『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』で脚本・監督を担当したライアン・ジョンソンのほか、J.J.エイブラムスの名前も有力候補として報じられていた状況だった。

9月12日(現地時間)、ルーカスフィルムは以下のようにアナウンスしている。

2015年『フォースの覚醒』で『スター・ウォーズ』の新たな時代を開始したJ.J.エイブラムスが、新3部作を完結させるため、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の脚本・監督として戻ってきます。エイブラムスはクリス・テリオと共同で脚本を執筆する予定です。『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』はキャスリーン・ケネディ、ミシェル・レジュワン、エイブラムス、バッド・ロボット(編集部注:エイブラムスの製作会社)、ルーカスフィルムがプロデュースします。

今回の発表について、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長は、「J.J.は『フォースの覚醒』で、私たちが望みうるすべてを果たしてくれました。この3部作を締めくくるべく、彼が戻ってきてくれるのをとてもうれしく思います」とコメントしている。

J. J. Abrams speaking at the 2015 San Diego Comic Con International, for "Star Wars: The Force Awakens", at the San Diego Convention Center in San Diego, California. / Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19679067265/ )
J. J. Abrams speaking at the 2015 San Diego Comic Con International, for “Star Wars: The Force Awakens”, at the San Diego Convention Center in San Diego, California. / Photo by Gage Skidmore ( https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19679067265/ )

新体制で『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』再起動へ

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で脚本・監督に再登板するJ.J.エイブラムスは、『フォースの覚醒』2度目のシリーズ登板となる。『スター・ウォーズ』シリーズにおいて、ジョージ・ルーカス以外に作品を複数回監督する人物は史上初めてだ。
また、このたび共同脚本として発表されたクリス・テリオは『アルゴ』(2012)や『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)、『ジャスティス・リーグ』(2017年11月23日公開)などを執筆した人物。これまでワーナー・ブラザース社でのプロジェクトが多かった人物だけに、『スター・ウォーズ』への抜擢は意外な人選といえるだろう。

なお『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の脚本は、これまでコリン・トレボロウとデレク・コノリーが共同執筆してきた。8月1日(現地時間)にはリライトのため脚本家のジャック・ソーンが雇われたと報じられていたが、脚本・監督チームの入れ替えに伴って早くもプロジェクトを離脱したとみられる。したがってトレボロウ&コノリーの手がけた脚本は使用されず、エイブラムス&テリオは2018年1月の撮影開始(予定)に向けて新たな脚本を急ぎ準備することになりそうだ。

トレボロウの降板以降、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の新監督にはライアン・ジョンソンが最有力とみられていた。ただし、米Deadline誌はジョンソン監督がオファーを断った記している。『最後のジェダイ』の製作が大詰めであること、9月11日に日本で行われたファン・ミーティングにて「考えられない」と発言していたことを鑑みると自然な展開ではあるだろう。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日米国公開予定。
なおシリーズ最新作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は2017年12月15日より全国ロードショー。

Sources:?http://www.starwars.com/news/j-j-abrams-to-write-and-direct-star-wars-episode-ix
http://deadline.com/2017/09/jj-abrams-star-wars-episode-9-director-colin-trevorrow-lucasfilm-disney-1202167681/
http://variety.com/2017/film/news/j-j-abrams-star-wars-episode-ix-director-colin-trevorrow-1202548094/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly