Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ エピソード9』出演、マーク・ハミル&キャリー・フィッシャー弟がコメントを発表

マーク・ハミル キャリー・フィッシャー
[左]写真:ゼータ イメージ [右]Photo by Riccardo Ghilardi photographer https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Actress_Carrie_Fisher_%C2%A9_Riccardo_Ghilardi_photographer.jpg Remixed by THE RIVER

2018年7月27日(米国時間)、『スター・ウォーズ』シリーズ現行3部作の完結編『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』の出演者が発表された
目玉となったのは、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)に続いて出演することと、2016年12月に急逝した、レイア・オーガナ役の故キャリー・フィッシャーが『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2016)の未公開映像を使用する形で再登場することだった。

この情報公開を受けて、マーク・ハミルと、キャリーの弟であるトッド・フィッシャー氏がそれぞれコメントを発表している。

マーク・ハミル キャリー・フィッシャー
[左]写真:ゼータ イメージ [右]Photo by Riccardo Ghilardi photographer https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Actress_Carrie_Fisher_%C2%A9_Riccardo_Ghilardi_photographer.jpg Remixed by THE RIVER

マーク・ハミル、ランド役ビリー・ディー・ウィリアムズにも言及

ルーク役のマーク・ハミルは、『最後のジェダイ』が公開されたのち、『エピソード9』に登場するか否かがファンの間で大きく注目されていた。しかし本人は『エピソード9』への出演について長らく明言を避けており、2018年7月上旬の時点でも「わかりません。僕が知るのは一番最後なんです。[中略]なにか聞いたらお知らせしますね」とニコニコ答えていた

このたびマークは自身のTwitterにて、『エピソード9』出演、そしてランド・カルリジアン役を演じるビリー・ディー・ウィリアムズの再登場についてコメントしている。

「『エピソード9』に出演すること、長年の懸案だったビリー・ディー(・ウィリアムズ)も一緒であること(まだ誰も去ってはいない)をやっと認められるのをうれしく思います。詳細を明かさないため、それから予想を煽るため、聞かれたことに“ノーコメント”と答えるわずか17ヶ月の始まりです。 #また会おう」

マークは「まだ誰も去ってはいない(No one’s ever really gone.)」、「また会おう(See you around kid.)」と、前作『最後のジェダイ』のセリフを適宜引用している。非常にマーク・ハミルらしいコメントだが、次回作ではどんな形で登場することになるのだろう?

「永遠に、彼女のフォースはともにある」

かたや『エピソード9』への登場判明が衝撃をもって受け止められたのは、CGや過去映像での再登場が一度は否定された、レイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーだ。弟のトッド・フィッシャー氏は、キャリーの再登場について報道機関を通じてコメントを発表している。

「私たちのキャリーが、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の未公開映像によって、新しい、そして完結編となる『スター・ウォーズ エピソード9』にレイア姫として再登場することを、これ以上なく楽しみに、また幸せに思っています。
私たちは彼女の家族として、世界中のファンのみなさん――彼女にとって大きな家族であるみなさん――と同様、キャリーのレイア姫はこのシリーズにとって永遠に不動のものだ、消えない彼女の存在は映画の基礎なのだと信じています。J・J・エイブラムスはキャリーの象徴的な役柄を理解してくださり、CGやアニマトロニクスに頼らず、キャリーの未使用映像や一番最後の映像を組み込むため、この最終章を見事に組み立て直してくださいました。私たち家族や彼女のファンは、この映画に大きな期待を抱くことになるでしょう。永遠に、彼女のフォースはともにあるのです!」

映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米国公開予定

Sources: Mark Hamill, Variety
Eyecatch Image: [左]写真:ゼータ イメージ [右]Photo by Riccardo Ghilardi photographer Remixed by THE RIVER

 

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly