Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』監督、脚本に「最も満足できて感動的な結末」と自信

2015年『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』で始まった『スター・ウォーズ』新3部作は、2019年5月24日全米公開予定スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明けで幕を閉じる。ルーカスフィルムはその後もシリーズを拡張していく意思を表明しているが、現在(2017年6月)のところ『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』以降がどうなるかはわからない。

いずれにせよレイア・オーガナ役のキャリー・フィッシャーが2016年の末に急逝したこと、またルーク・スカイウォーカーを演じるマーク・ハミルも2017年で66歳という高齢であることから、これまで『スター・ウォーズ』サーガを牽引してきた3人の物語はおそらく『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』で完結するのではないかとみられる。つまり『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は新3部作の完結編にして、1977年『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』で始まった、42年にも及ぶ物語のフィナーレを飾るであろう作品なのだ。

そんな重責を負って『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の監督に挑むのは、『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウ監督だ。キャリーの死を受けてストーリーを全面的に見直しながらも、彼は2017年4月には脚本の草稿を完成させ、その実感をこう語っている。

「魂を110%ぶち込んでるよ。(製作が)終わる頃には、僕はもう空っぽだろうね」

「最も満足できて感動的な結末」

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の本格始動に先がけて、ただいまトレボロウ監督は、2017年6月16日全米公開最新作『ザ・ブック・オブ・ヘンリー(原題:The Book of Henry)』のプロモーション中である。しかし多くのメディアは、やはり『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』についての質問を忘れていない。映画情報サイト「Screen Rant」の取材に対して、彼は脚本作業をこう振り返っている。

「『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の製作プロセスは2015年8月までさかのぼる。J.J.(エイブラムス/『フォースの覚醒』監督)やライアン(・ジョンソン/『最後のジェダイ』監督)の作ったものを見た時、これほど見事なプロデューサーとクリエイティブ・マインドの持ち主に囲まれていることを、本当に幸福に思ったよ。

キリ・ハート率いるルーカスフィルムのストーリー・グループ、プロデューサーのミシェル・レジュワン、キャスリーン・ケネディ(ルーカスフィルム社長)、そしてJ.J.とライアン、ローレンス・カスダン(『帝国の逆襲』『フォースの覚醒』脚本)。揃いうる最高の知性が、これこそ僕たちが届けられる最も満足できて感動的な結末だと思ったんだ」

すでにトレボロウ監督は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の脚本に自信を隠していないが、果たして「最も満足できて感動的な結末」とはどんなものなのだろうか。ルークたちオリジナル3部作からの登場人物は、レイたち新3部作のキャラクターは、いったいどんな顛末を迎えるのだろう?

[追記]コリン・トレボロウ監督は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』をのちに降板している。

Source: http://screenrant.com/star-wars-9-sequel-trilogy-end/
Eyecatch Image: https://www.amazon.co.jp/スター・ウォーズ-コンプリート・サーガ-ブルーレイコレクション-初回生産限定-Blu-ray/dp/B013HK778M/

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly