Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ エピソード9』でレイとフィンが再タッグ!ジョン・ボイエガが明かす

スター・ウォーズ

映画『スター・ウォーズ』新3部作の“顔”といえば、言わずもがなレイ(デイジー・リドリー)とフィン(ジョン・ボイエガ)だろう。かたや惑星ジャクーの廃品回収業者、かたやファースト・オーダーを脱走した元ストーム・トルーパー。名もない二人は、レジスタンスとファースト・オーダーの過酷な争いに身を投じていったのである。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)を手がけたJ・J・エイブラムス監督は、自らの手で、完結編『エピソード9(仮題)』の脚本・監督を務める。そこでレイとフィンは、ついに再び行動をともにすることとなりそうだ。

注意

この記事には、映画『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のネタバレが含まれています。

新3部作の“顔”、完結編で再タッグ

2018年3月30日~4月1日、米ワシントンDCにて開催されたイベント「Awesome Con」に、フィン役のジョン・ボイエガが登場。そこで彼は、『エピソード9』でレイとフィンの再タッグが実現することを明かした。米/Filmが伝えている。

「僕は『エピソード9』の脚本をまだ読んでないんですが、デイジー(・リドリー)からメールが届きましたよ。“やった。J・J(・エイブラムス)に聞いたんだけど、私たちまた一緒なんだって”って。フィンとレイがまた一緒、これは超楽しみですね。」

デイジーとジョンが興奮するのも無理はない。前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)で、レイはルーク・スカイウォーカーと、フィンは新キャラクターのローズ・ティコやDJと行動をともにしており、二人の共演はラストまで“お預け”にされていたのである。来たる『エピソード9』では、それぞれの冒険を経た二人による、『フォースの覚醒』以来となる絶妙なコンビネーションを楽しむことができそうだ。

しかしこうなると気になってくるのは、フィンの新たな相棒として、文字通り捨て身の活躍を見せたローズの存在だろう。塩の惑星クレイトにてフィンを守り負傷した彼女は、『エピソード9』で再びその役割を務めることになるのか、それとも……。『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督は、J・Jが執筆したというエピソード8の脚本草案を使用せず、オリジナルのストーリーを書ききったといわれている。バトンを受け取ったJ・Jは、ローズというキャラクターをどう扱ってみせるのだろう?

映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年12月20日米国公開予定。なお『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』MovieNEXは2018年4月25日発売。

Source:/Film

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly