『スター・ウォーズ エピソード9』撮影現場から新たな写真が到着

2018年8月1日(現地時間)から撮影が始まっている、映画スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』の撮影現場から新たな写真が到着した。このたびの写真は、撮影監督のダニエル・ミンデル氏がInstagramにて公開した一枚だ。

Space lights ….. unbeatable quality source of ambient lighting…6000 watts 6 lamps or 3000 watts 3 lamps!

Dan Mindel ASC, BSC,SASCさん(@dan_mindel)がシェアした投稿 –

今回の写真には、出演者や物語の内容を想像できるような情報は写り込んでいない。写っているのは組み立てられたアーチ状のセット、そしてダニエル氏も言及している大量の照明機材のみだ。ちなみに『エピソード9』の撮影現場から舞台裏の様子が到着するのは、撮影初日となった8月1日、J・J・エイブラムス監督がTwitterに写真を投稿して以来となる。

 

『エピソード9』で撮影監督を務めるダニエル・ミンデル氏は、これまで『M:i:III』(2006)、『スター・トレック』(2009)、『スター・トレック イントゥ・ダークネス』(2013)、そしてシリーズの前作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)でエイブラムス監督とのタッグを経験済み。近作には『パシフィック・リム:アップライジング』(2008)や『クローバーフィールド・パラドックス』(2018)がある。

『スター・ウォーズ エピソード9』には、レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガ、カイロ・レン役のアダム・ドライバー、ポー・ダメロン役のオスカー・アイザック、マズ・カナタ役のルピタ・ニョンゴ、ハックス将軍役のドーナル・グリーソン、ローズ・ティコ役のケリー・マリー・トラン、チューバッカ役のヨーナス・スオタモらが続投。オリジナル3部作からはルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミル、ランド・カルリジアン役のビリー・ディー・ウィリアムズ、C-3PO役のアンソニー・ダニエルズが出演する。なお、レイア・オーガナ役の故キャリー・フィッシャーは過去に撮影された未公開映像で登場するとのこと。

映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米国公開予定

Source: Dan Mindel

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。