Menu
(0)

Search

イドリス・エルバ、『007』ジェームズ・ボンド就任説に反応 ― ダニエル・クレイグの後任は未検討との情報も

イドリス・エルバ
Photo by Harald Krichel https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Idris_Elba-4822.jpg Remixed by THE RIVER

映画『007』シリーズにて、“6代目”ダニエル・クレイグの後任者としてジェームズ・ボンドへの就任説がささやかれる俳優イドリス・エルバが、一連の噂に反応した。実現すれば史上初の黒人ジェームズ・ボンドだが、未来のことはわからない。先日はイドリスが最有力候補だとする情報が流れたが、これは即座に否定されたのである。

このたびイドリスは、自身のTwitterに“my name’s Elba, Idris Elba.”と投稿。これは『007』シリーズでおなじみ、ボンドの決め台詞“My name is Bond, James Bond.”を引用したものである。

この投稿には、多くのファンから次期ボンドへの就任を期待するコメントが殺到。「いいね」の数がおよそ14万件(8月13日11時現在)というところからも、このツイートへの熱い反応が見て取れるというものだろう。

またイドリスは、このツイートの数時間後、さらに“ボンド就任説”へ反応したものと思しき投稿を残している。ヒップホップ・グループ、パブリック・エナミーの写真のあと、彼らの代表曲のタイトルである“Don’t Believe The Hype(インチキを信じるな)”との言葉が投稿されたのだ。

「インチキを信じるな」というコメントを素直に受け止めれば、一連の“ボンド就任説”はあくまでゴシップの域を出るものではなく、現実とはかけ離れたものと理解できるだろう。“my name’s Elba, Idris Elba.”という投稿は、就任説を自らジョークとして扱ったものだと思われる。

なお米Varietyの記者ジャスティン・クロール氏は、『007』シリーズの現状について、自身の取材結果をTwitterにて報告している。

「ボンド映画、本物の最新情報:バーバラ・ブロッコリ(プロデューサー)とイーオン・プロダクションズ(製作会社)は、『007』第25作の女性主人公と悪役を選ぶため俳優との面会を行っている。ダニエル・クレイグが本作の撮影にも入っていない時点で、誰が後任を務めるかということは現在検討されていない。」

ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドを演じる最後の作品、映画『007』第25作(タイトル未定)は2019年11月8日に米国公開予定。なお撮影は2018年12月3日に開始される。

Sources: Idris Elba(1, 2, 3), Justin Kroll
Eyecatch Image: Photo by Harald Krichel Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly