Menu
(0)

Search

マーベル『エターナルズ』、当初はあと2人多かった

エターナルズ
(c)Marvel Studios 2021

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)エターナルズの注目ポイントは、初登場となるヒーローが10人も一気に紹介されるところだ。ただでさえ野球チームが組めるくらいの大所帯だが、当初はあと2人多い12人編成の予定だったという。それはもう監督付きでサッカーチームが組めてしまう。

エターナルズのメンバーは、リーダーのエイジャックを筆頭に、セルシ、イカリス、セナ、ギルガメッシュ、スプライト、ファストス、キンゴ、マッカリ、ドルイグと総勢10人。そこに一般人のデインさんも加わる。

監督のクロエ・ジャオは米Fandomにて、当初のマーベル・スタジオとの話し合いでは総勢12人のキャラクターを扱うことになっていたと認めている。「途中で2人を手放さなければなりませんでした」と、ジャオ監督は話している。

断念された2人のキャラクターがどのようなものだったかは明かされていないが、それでも10人を一気に描くのは大変だ。ジャオ監督は「登場時間をさほど要さないキャラクターもいる」と言うが、重要なのは登場時間の長さではなく「何をするか」だと説明。「記憶に残るようにしたい。10人の個々人を見た時、10通りの人間性をどう表すかについて考えました」。

ちなみに原作コミックにおけるエターナルズの主なメンバーには、ほかにクロノス、メンター、ズラス、ウラノス、アロク、ザ・フォーガットゥン、ワン、シベール、コリフォス、インタールパー、ヴァルキン、アギナー、ザリン、デルファン、ブラザーズ、シグマー、ヴィラコ、ヴァンピロと様々な存在がある。

映画に登場したエターナルズのメンバーは、性別はもちろん、人種も多様性に富んでおり、その中には同性愛者や、聴覚障がい者もいる。「(全キャラクターが)記憶に残ることが重要です。10人全員、重要性は均等です。登場時間ではなく、重要性が同じなのです」と、ジャオ監督は全キャラクターへの思いを熱弁している。

映画『エターナルズ』は公開中。きっと誰か1人は特に共感できるキャラクターが見つかるはずだ。

Source:Fandom

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly